たんぽぽ針灸院

調布市布田4-2-42 TEL 042-486-5315

たんぽぽ針灸院の特長

行って良かったと実感できる鍼灸治療!

たんぽぽ針灸院は、地域の皆様に安心と最高の鍼灸治療を提供します。
  • 1回の治療時間を十分にとり、1回ごとに納得できる効果を出し、短期間での治療を心がけています。
  • 週1回の往診日を設け、通院できない方の便宜を図っています。
  • 自律神経を介する全身調整はもとより、古典鍼灸による脈診、腹診を重視します。

たんぽぽ針灸院だから!

  1. 初回から症状の改善を自覚できます。
  2. 治る喜び、希望がもてます。
  3. 症状の説明と今後の治療計画を作成します。
  4. ★複数の患者さんを同時に診療することはありません。誰にも気兼ねすることなくリラックスした治療が可能です。

地域No.1の理由

  • ひとつのツボを治療する毎に、症状の変化を確認しながら治療を進めるので、どのツボが効いたか、明確に分かります。
  • 鍼灸治療をサポートしてくれる、信頼できる医師、薬剤師、助産婦など医療従事者が沢山います。
  • ディスポーザブル(使い捨て)の鍼を使用し、オートクレープ(高圧滅菌器)を設置して、衛生管理を万全にしています。

院長紹介

岩永康幸
1955年長崎県生まれ
1986年日本鍼灸理療専門学校入学
1988年あん摩、マッサージ、指圧師免許取得
1989年鍼師、灸師免許取得、同校卒業
1990年たんぽぽ針灸院開設

 鍼灸学校3年在学中より、臨床家の下で、お灸の助手を務めながら脈診の修得に務める。鍼灸学校卒業と同時に「東洋医学古典薬学研究会」に入会し、漢方の古典医書の講習を受ける(2008年まで20年継続)。2005年より、「井穴(せいけつ)、頭部刺絡による脳脊髄神経調整療法研究会」に属し、鍼灸の効果を大脳生理学を基にした理論で解明し、再現性のある治療法を追及している。

 医学が進歩した現在でも、現代医学が不得意な分野や現代医学の網の目から漏れる患者さんが存在する。そのような方の支えになれるよう日々の臨床に携わっている。自宅でできる鍼灸家庭療法の指導により、まだ鍼灸治療に敷居が高い人や若い世代に鍼灸の良さを理解してもらえるように活動している。

趣味
  •  ロードバイクで多摩川周辺をサイクリングすること。温泉めぐり。
  •  植物や野鳥の観察、市内の禅寺で茶道(裏千家)を習い日曜座禅を続けている。

沿革

1990年10月 東西薬局の附設治療院から独立し、たんぽぽ針灸院開設
2006年10月 旧敷地の南側に新築移転、現在に至る

名前の由来

旧治療院の軒先は、毎年春になるとたんぽぽの黄色い花が一面に咲き誇り美しかった。「たんぽぽ」のように地味だが逞しく、悩む方の支えになる針灸院を目指し、 命名しました。