たんぽぽ針灸院

調布市布田4-2-42 TEL 042-486-5315

鍼灸適応疾患

鍼灸は、BC(紀元前)500~AD(紀元)300年頃中国で成立した物理療法で、 遣唐使によって伝えられ、室町時代~江戸時代に日本独自の発展をとげる。 適応症は、多岐に渡るが、WHO(世界保健機関)が認める疾患は、下記のようなものがある。 ( 社団法人 日本鍼灸師会HP参照)

頭と目、顔の症状

●頭痛●片頭痛●耳鳴り●疲れ目●目の充血●仮性近視●鼻水●蓄膿症 ●咽頭炎●扁桃炎●歯痛●歯のうき●顔のむくみ●肌荒れ●にきび●湿疹●かぶれ●アレルギー性鼻炎●

首・方・腕・背中の疲れ

●首のこり●五十肩●関節痛●寝違え●肩こり●背中のはり●腕のだるさ●肘痛● ●腱鞘炎●バネ指●

足と腰の疲れ

●腰痛●膝関節症●ギックリ腰●足のむくみ●膝の痛み●こむら返り●足のしびれ●足の疲れ●外反母趾 ●打撲●ねんざ●

内臓の疲れ

●胃のもたれ●食欲不振●逆流性食道炎●高血圧症●低血圧症●吐き気●乗り物酔い●下痢●便秘 ●痔●じんましん●口内炎●膀胱炎●気管支炎●アレルギー性疾患●

婦人科系の症状

●生理痛●冷え性●つわり●貧血●不妊症●月経困難●更年期障害●

心の疲れ

●イライラ●めまい●不眠●動悸●ノイローゼ●神経症●

たんぽぽ針灸院で取り扱いの多い疾患や症状

神経系神経痛、頭痛、片頭痛、めまい、うつ症状、不眠、自律神経失調症
運動器系リウマチ、腰痛(ヘルニア、脊柱管狭窄症)、膝関節症、腱鞘炎、肩こり、変形性頚椎症、手のしびれ、五十肩
循環器系高血圧、低血圧
呼吸器系喘息、風邪(のどの痛み、せき)
消化器系胃炎、便秘、下痢、肝機能障害、痔疾、機能性胃腸障害、逆流性食道炎
婦人科系生理痛、冷え性、不妊症、更年期障害、月経前症候群
耳鼻咽喉科系耳鳴り、小児中耳炎、突発性難聴
眼科系眼精疲労、ドライアイ、仮性近視
泌尿・生殖器系慢性前立腺炎、前立線肥大、間質性膀胱炎
小児科系夜泣き、夜尿症、小児喘息、起立性調節障害
皮膚科系にきび、アトピー性皮膚炎、イボ
その他抗ガン剤治療の副作用緩和

珍しい疾患や難病指定の病気は事前にご連絡ください。 経験の範囲で対応します。

難病指定で効果が認められた病気として、SLE、潰瘍性大腸炎、シェーグレン症症候群、多発性硬化症、突発性難聴、メニエール病。

治療例報告

  • 市内で美容室経営の女性・Mさんは、2日前から歩行時左足のつけ根が、体重がかかる時に痛くなる。 左足、脾経の井穴刺絡だけで、痛みがなくなり、その後再発していない。
  • 市内在住の主婦・Tさんは、昨日より片頭痛の発作がおき、鎮痛剤を服用するが治まらず来院された。 この患者さんは治療のタイミングが良かったのか、治療直後に痛みが和らぎ、翌日には普通に戻った。
  • 半年程前からの耳鳴りと聴力低下で、大学病院に通院し、寛解、増悪を何度か繰り返していた市内在住のOL。 2週間前からまた悪くなり、来院。治療直後90&改善。翌日、もう一度治療し、ほぼ元の状態に回復。 その後、ストレスにより一度軽度の耳鳴りを発症するが、1回の治療で良くなり、その後安定している。
  • 変形性頚椎症(MRI画像で、左側1ヶ所、右側3ヶ所の変形あり)のため両手のしびれで来院の50代会社員。 週1回の治療を10回続け、しびれの回数程度ともに85%回復。日常生活に支障がなくなる。
  • 腰椎椎間板ヘルニアで3ヶ月前から鎮痛剤と湿布の治療をうけるも右臀部から大腿後側の痛みとしびれ感がとれず、来院された飲食店経営の女性。 右臀部への2本の長鍼の治療で、痛みとしびれ感がとれる。その後、1ヶ月後に軽い痛みがでるが、その後再発なし。
  • 脊椎の側弯症による坐骨神経痛を発症して、痛みのため歩行できなくなった市内在住の84歳女性。 大学病院で治らないと言われたが、1週おき6回の往診治療で、仕事の生花教授ができるまでに回復した。現在治療継続中。