2016.1.24 登山

沼津市の南、狩野川と駿河湾との間に連なる山々は沼津アルプスと呼ばれる。沼津アルプスの南端の大平山から更に進み山稜が狩野川に没するまでの間は通称奥沼津アルプスと呼ばれている。途中の大嵐山は日守山とも呼ばれ公園として整備されいて富士山の眺めが良い。大嵐山から大平山までの間は岩場が多く、ロープや梯子が設置されていて変化の有る山歩きを楽しむ事ができる。

    (この山行の満足度  良い)  


奥沼津アルプス・大嵐山(おくぬまづあるぷす・おおあらしやま)--標高191m--静岡県

→大嵐山・大平山  →景観、行程地図  →展望

  1. 登山行程
  2. ワンポイント