2009.9.5−6 登山

小金沢山は甲州市(旧塩山市)の西部、大菩薩嶺の南にある。大菩薩連嶺の石丸峠から南に延びる稜線は小金沢連嶺とも呼ばれ、1900mから2000mの高度を保ちながら湯ノ沢峠に下っている。小金沢山は小金沢連嶺の最高峰。石丸峠付近と小金沢山の南にある牛奥ノ雁ガ腹摺山付近にはきれいな笹原が広がっている。

    (この山行の満足度  まあまあ)  


小金沢山(こがねざわやま)--標高2014m--山梨県

→小金沢連嶺の山々  →景観、行程地図  →展望


  1. 登山行程
  2. ワンポイント