2008.4.13 登山

冠着山は長野と松本との間にある山。大和物語の姨捨山の伝説で知られている。山頂には神社が有る。山頂からは南側の展望が良い。北側は樹林の間から千曲川が望まれる。登山路は西側の一本松峠方面からのもの、東側の「いこいの森」からのもの、北側の久露滝(くろたき)登山口からのものなどが有る。

    (この山行の満足度  まあまあ)
 


冠着山(かむりきやま)--標高1252m--長野県

→冠着山  →景観、行程地図  →展望


  1. 登山行程
  2. ワンポイント