2007.4.8 登山

医王山は金沢市の東、富山県との県境をなす山。白兀(しらはげ)山と最高峰の奥医王山の二つの代表的な峰があり、どちらにも展望台が据え付けられている。山頂近くまで車道が通じているが、山麓から登れば意外に大きな山塊であることに気付く。お勧めは白兀山から奥医王山を経てワ谷を下山する縦走路。ただし、春先はワ谷には雪が積もり道を見つけるのが難しい。

    (この山行の満足度  まあまあ)  


医王山(いおうぜん)--日本三百名山--標高939m--富山県・石川県

→奥医王山、白兀山  →景観、行程地図  →展望


  1. 登山行程
  2. ワンポイント