2001.3.3 登山

雁ガ腹摺山は大月市の北西にある。500円札の富士山を撮ったところとして有名。「雁ガ腹摺」とは渡り鳥の通り道を意味する。西側の大峠からは1時間ほどで登れるが、冬は今回通った金山鉱泉から往復するしかない。

    (この山行の満足度  まあまあ)  


雁ガ腹摺山(がんがはらすりやま)--標高1874m--山梨県

→雁ガ腹摺山  →景観、行程地図  →展望

  1. 登山行程
  2. ワンポイント