中の湯温泉 (松本市・旧南安曇郡安曇村)

中の湯温泉

  中の湯温泉 (松本市・旧南安曇郡安曇村)
安房トンネル手前を旧道へ
中の湯温泉
  長野県と岐阜県を結ぶ国道 158号線「安房トンネル」(長野県側・写真左)手前を約二キロ。安房峠方面(岐阜県方面)に続く急カーブを進むと、県内の温泉のなかでも秘湯のひとつに数えられている「中の湯温泉」が見えてくる。
 この温泉は、北アルプスを貫く「中部循環自動車道」の建設に先立ち、平成元年から工事が進められていた「安房トンネル」の堀削(開通は平成九年十二月)に伴い現在地に移転したもので、地下一階・地上二階の本館と傾斜を利用して設けられた別棟からなる。利用者の多くは、上高地を訪ねる観光客だが、最近の登山ブームを反映して、今も噴煙を上げる「焼岳」への登山を目的とした宿泊者も増えているという。
 源泉名は 中の湯温泉旅館の湯源泉 で、泉質は 単純温泉 (弱アルカリ性低張性高温泉)。泉温は源泉で 46. 3度( pH 7. 87 )ある。浴場(男女別・混浴なし)は、玄関左手の別棟に設けられている。入浴料金は大人五百円。浴場には、熱めの湯とやや熱めの湯の二つの浴槽があり、外には露天風呂も設けられている。源泉を利用しているので、湧口から流れ出る湯をコップで飲むことも可能だ。

 
 中の湯温泉旅館 松本市安曇 4467
 TEL 0263-95-2407 FAX 0263-95-2514
  松本市安曇付近 ( 1 / 75000 )
  中の湯温泉旅館
 [ 料金 ] 大人 500円 子供 250円
  ・ 外来入浴には、入浴できる時間に制限があります。ご確認のほどを…。

中の湯温泉旅館には、平成 13年 8月 4日に訪問しました。 




| 松本市 || 松本市総合案内 || 信州の温泉 || 総合案内 || 日本列島夢紀行 |



http://www.asahi-net.or.jp/~mi5h-skri/nagano/index.html
Copyright(C)2004-2008 HIRO SAKU All Rights Reserved.