天徳鉱泉 アスティかたおか (塩尻市)

天徳鉱泉 アスティかたおか

  天徳鉱泉 アスティかたおか (塩尻市)
入口にある案内板(山麓線)
自慢の展望風呂
 「天徳鉱泉・アスティかたおか」は、草競馬大会で知られる「高ボッチ高原」の麓、塩尻市片丘地区にある(財)JA長野県共済福祉事業団が運営する保養施設のひとつ。ここのほか、「アスティくろひめ」(上水内郡信濃町黒姫温泉)、「アスティあおき」(小県郡青木村田沢温泉)、「アスティたかぎ」(下伊那郡喬木村医王寺温泉)など、県内四ヶ所に温泉を兼ねた保養施設を有している。
 「アスティかたおか」へは、松本平の東側、県道松本塩尻線(通称・山麓線・しののめの道)から「高ボッチ山」方面(写真右は、南内田にある案内板)に進んだところにある。山麓線から入ってしばらくは平坦な道が続くが、途中から急坂・急カーブとなるので、運転には注意すること。途中には、長野自動車道が南北に貫く松本平を眼下に、雄大な北アルプスの山並みを望む展望台などもあるので立ち寄ってみてもいいだろう。
 近年リニューアルしたという施設は、高齢者に配慮した広い展望風呂のほか、大広間や研修施設、洗面所・トイレ付きの客室を完備している。料金は大人五百円で、フロントの係員に渡すだけ。ロビー脇の階段を二階に上がると広間があり、廊下を奥に進むと浴場がある。
 泉質は 酸性緑バン泉 (単純酸性含鉄冷鉱泉)で、泉温は源泉で 5. 1度。鉱泉を利用していることから、この温度は当然のことだが、使用位置では 42度まで加熱して使われている。pH (水素イオン濃度)は、あまり見かけないほど酸度の強い 2. 6 。ただ、鈍感な管理人には、酸度が強くても違いがあまり感じられなかったのは残念だった。
 さて、自慢の展望風呂からの景色だが、これがじつに素晴らしい。松本市内から見える北アルプスもなかなかなものだが、ここでは、常念岳や鍋冠山・大滝山の向こうに、憧れの穂高連峰の山並みを望むことができるのだ。すぐ北隣にある「崖の湯温泉」(松本市)からも同じような景色が見られるが、こちらもそれに勝るとも劣らない、雄大な景色を望むことができる。季節の移り変わりとともに、さまざまな色彩を描く平(たいら)の風景も絶品だ。もし機会があれば、ぜひ一度立ち寄ってほしい。

 
 アスティかたおか 塩尻市片丘東山 9215-1401
 TEL 0263-52-7600 FAX 0263-52-0074
  塩尻市片丘付近 ( 1 / 75000 )
  アスティかたおか
 [ 営業時間 ] 10: 00 〜 18: 00
 [ 料金 ] 大人 500円、子供 250円

天徳鉱泉 アスティかたおか には、平成 13年 4月 14日に訪問しました。 


| 塩尻市 || 信州の温泉 || 総合案内 || 日本列島夢紀行 |



http://www.asahi-net.or.jp/~mi5h-skri/nagano/index.html
Copyright(C)2004 HIRO SAKU All Rights Reserved.