みのわ温泉 ながたの湯 (上伊那郡箕輪町)

みのわ温泉ながたの湯

  みのわ温泉ながたの湯
明るい館内
 中央道伊北ICを下り、伊那西部広域農道から少し入ったところにある温泉が みのわ温泉ながたの湯 だ。近くには、約七千本の梅が咲き誇る伊那梅園がある。
 温泉周辺は、木立が四季を彩る公園(ながた自然公園)になっており、テニスコートやマレットゴルフなどの施設も整備されている。「ながたの湯」は、その自然公園のほぼ中央にある日帰り温泉施設で、平成十年十二月に完成した。以前は隣接する「町営ながた荘」を保養施設として利用していたそうだが、現在は日帰り客のほとんどが「ながたの湯」を利用しているという。民家と蔵をイメージした新しい施設は、落ち着いた趣きを醸し出している。
 玄関を入り、自販機で入浴券を購入したらフロントへ。浴場は向かって左側にある。みのわ温泉 という源泉名を持つこの湯は、泉質が ナトリウム炭酸水素塩温泉(弱アルカリ性低張性重曹泉) であり、泉温は源泉で 46. 4度。肌触りがやわらかく、美人美肌の湯として親しまれている。南アルプスの山並みを望む露天風呂のほか、内湯には超音波風呂・泡風呂・打たせ湯・水風呂などがある。休憩所は、玄関入って正面、手前のホールには地元の特産品が販売されている。

 吹雪のなかの温泉巡り
雪降りのながたの湯
 右の写真は、管理人が初めて「ながたの湯」を訪ねた時に撮影したもの( 1999. 3. 20 )だ。午前中はそれほどの雪でもなかったのだが、お昼を過ぎた頃から県南部を中心に大雪となり、中央道も全面通行止めとなったほど。「ながたの湯」のある箕輪町は、冬期でもそれほど雪が降らない場所と知られている。しかし、太平洋岸を低気圧が発達しながら通過した場合、北西からの季節風が強まり、その影響で寒気が南下するため「かみ雪」とよばれる気象現象が起き、箕輪町にもまとまった雪を降らす場合がある。春先には見られる現象なので、箕輪町に限らず、南信地方を訪れる時には注意が必要だ。「ながたの湯」は一般道から若干坂道を上がった場所に駐車場がある。スリップに注意すること。

 
 みのわ温泉ながたの湯 上伊那郡箕輪町大字中箕輪 2134
 TEL 0265-70-1234 FAX 0265-70-1277
 [ 営業時間 ]  10: 00 〜 21: 00 ( 受付は 20: 00 まで )
 [ 定休日 ] 毎月第二・第四火曜日 (祝日の場合はその翌日)
 [ 料金 ] 大人(中学生以上) 500円、子供(小学生) 300円、幼児無料

みのわ温泉ながたの湯には、平成 11年 10月 9日に訪問しました。 




| 上伊那郡箕輪町 || 信州の温泉 || 総合案内 || 日本列島夢紀行 |



http://www.asahi-net.or.jp/~mi5h-skri/nagano/index.html
Copyright(C)2004-2008 HIRO SAKU All Rights Reserved.