小布施町の温泉 (上高井郡小布施町)

桝一市村酒造場
桝一市村酒造場 (上高井郡小布施町)

| おぶせ温泉 穴観音の湯 || おぶせ温泉 あけびの湯 |

  穴観音おぶせ温泉
おぶせ温泉 穴観音
 北信地方にある展望風呂の番付をしたら、ここの露天風呂は間違いなく上位に位置するだろう。なぜなら、善光寺平一円をはじめ、飯綱山、戸隠山、黒姫山、妙高山、斑尾山(通称 北信五岳)の山並みなど、北信濃を代表する風景の全てを展望風呂から望むことができるからだ。梅や桜、林檎の花で霞む春、緑のまぶしい夏、紅葉に彩られた秋、一面の銀世界が広がる冬の景観は、イメージ通りの信州を舞台いっぱいに展開させ、訪れる人々の心を掴んで離さない。
 温泉の泉質は、 カルシウム・ナトリウム硫酸塩塩化物温泉 (アルカリ性低張性温泉)で、源泉の温度は 40. 8度、使用位置で 40. 0度。神経痛や冷え性、動脈硬化、慢性皮膚病に効果があるという。
 ところで、天候によって湯色が五色に変わるといえば高山村の五色温泉がよく知られているが、このおぶせ温泉でも同じように湯色(内湯)が変化するといわれ話題になっている。源泉では薄い緑色だったものが、露天では外気に触れるため透明に変わり、内湯では圧注により湯がもまれることで、コバルトブルーや乳青色、乳緑色、乳白色に変化する様子が写真入りで紹介されているので確認しておきたい。

 
 穴観音 おぶせ温泉 上高井郡小布施町雁田観音下 1194-1
 TEL 025-247-2525 FAX 026-247-5445
  上高井郡小布施町大字雁田付近 ( 1 / 75000 )
  おぶせ温泉 穴観音の湯
 [ 営業時間 ]
  ・ 朝風呂(毎週日曜日): 6: 00 〜 9: 00
  ・ 通常営業: 10: 00 〜 22: 00
 [ 定休日 ] 年中無休
 [ 料金 ]
  ・ 朝風呂は特別料金: 大人(中学生以上) 400円、子供 200円
  ・ 通常料金: 大人(中学生以上) 500円、子供 250円

 [ アクセス ]
 高速道路を利用した場合の最寄りのICは、「須坂・長野東」または「信州中野」で、いずれの場合も 国道 403号線(谷街道)を小布施方面に向かう。町内に入ったら「上町」の交差点を右折(中野方面からは左折)し、 「東町・雁田」の各交差点を通過(通称 楓通り 、右に新生病院がある)、左側に「おぶせ温泉」の案内板が見えてきたら後は指示通りの方向に進むだけ。ここからは道幅が若干狭く(対面可能)なるので注意が必要。

おぶせ温泉 穴観音の湯には、平成 11年 5月 16日に訪問しました。 


 <参考資料> 穴観音の由来
穴観音
 自然の妙を見せるこの岩窟には、古くから様々ないい伝えがあります。
 戦国時代に高井地方を支配していた信濃源氏は、甲斐の武田氏に攻略され、越後の上杉氏を頼る途中、遅れた妻と子がこの岩窟で一夜を過ごしましたが、ついに追いつかれて妻子ともに自害した、「母子塚」が近くにあります。
 また、元和五年高井郡に配流となった悲劇の武将、福島正則公が持仏である観音菩薩を安置した場所とも言われています。正則公が広島城主であった頃、家臣の中にキリシタン信徒がかなりおり、配流の時も従ってマリア観音を秘かに祀っていたとも伝えられます。
 この岩窟を覆うように建てられていた観音堂は享保年間の創建になり、地元雁田をはじめ、地域の人々の信仰の拠点でありました。明治初期に大修理が加えられましたが、風雪厳しく、ついに取りこわすの止むなきに至りました。
 この穴観音周辺は信仰と、健康の憩いの場として注目を浴びており、現在観音堂再建の準備が進められております。

(「穴観音」の案内板から)





あけびの湯(左)と館内から望む北信五岳・黒姫山(右)

  おぶせ温泉 あけびの湯
話題の露天風呂
 小布施町の東、雁田山の中腹にある温泉施設が「おぶせ温泉 あけびの湯」。隣接する「おぶせ温泉 穴観音の湯」を経営していた方が独立開業した温泉施設で、平成十三年にオープンした。北信五岳(飯綱山・戸隠山・黒姫山・妙高山・斑尾山)を望む露天風呂が好評で、とりわけ県外から訪れた観光客の人気は高い。
 今回、ここを訪ねたのは、その話題の風景がどのようなものであるのか、自分でも確認してみたいという思惑があったからだった。それも冬の晴れた日。青い空の下に広がる白い雪で覆われた小布施の町。そして白銀の山並み…。夏の風景もそれなりに素晴らしいのだろうが、ここは北信州。やはり、雪景色は外せない。

 最初にも記したが、この温泉施設は雁田山の中腹に立地するため、二つある駐車場のうち下の駐車場を利用した場合には、専用のエレベーターを利用することになる。館内の移動もエレベーターを利用。温泉施設の利用者は、家族連れと子供たちに連れられたお年寄りがほとんど。腰や膝に負担がかかる階段の昇降は、お年寄りには大変なことであり、労することなく移動ができるエレベーターの設置は心強い限りだ。
 温泉施設の利用は、一階にある券売機でチケットを購入してフロントの係員に提出するだけ。浴場はエレベーターで三階に上がり、正面向かって右側奥にある。左側奥には食事ができる大広間になっているので、湯上り後にくつろぐことができる。広い脱衣所を抜けると展望自慢の内湯がある。サウナは浴場右側。露天風呂へは内湯に設けられたドアから外へでて、階段を下ったところにある。コンクリート打ちの階段を下って露天風呂に続く構造は、隣の「穴観音の湯」と似ている。

露天風呂から望む北信州の山並み(左から飯綱山・黒姫山・妙高山)

 露天風呂・五岳の湯からの展望(写真上)は、地元に住む管理人でも「スゴイ…」と感じさせるものであった。雪に覆われた小布施の町と北信州を代表する山々が連なる姿は、まるで一枚の絵画のよう。専門誌や情報誌などでも絶景を堪能できる露天風呂として定評のある下高井郡木島平村の「馬曲温泉」、山ノ内町夜間瀬の「よませ温泉」、中野市の「ぽんぽこの湯」などと比べても、決して遜色はない。近くに民家があるため、湯に浸かりながら風景を楽しむことはできないが、硫黄臭のある心地よい湯の香りを楽しみながら心のふるさとを感じさせるこの風景には、きっと誰もが癒されることだろう。
 最後に温泉の成分について。源泉名は おぶせ温泉 、源泉場所は 上高井郡小布施町大字雁田字観音下 1194番 5 。泉質は ナトリウム塩化物温泉 、pH 3. 99 。

 
 おぶせ温泉 あけびの湯 上高井郡小布施町雁田字不動 1311
 TEL 026-247-4880 FAX 026-247-4760
  上高井郡小布施町大字雁田付近 ( 1 / 75000 )
  おぶせ温泉 あけびの湯
 [ 営業時間 ]
  ・ 朝風呂: 6: 00 〜 8: 30
  ・ 通常営業: 10: 00 〜 22: 00
 [ 定休日 ] 年中無休
 [ 料金 ] 大人 500円、子供 250円
 [ そのほか ] 駐車場は百五十台収容・宿泊可能

おぶせ温泉 あけびの湯には、平成 17年 1月 19日に訪問しました。 


powered by まっぷるnet


| おぶせ温泉 穴観音の湯 || おぶせ温泉 あけびの湯 |
| 上高井郡小布施町 || 信州の温泉 || 総合案内 || 日本列島夢紀行 |



http://www.asahi-net.or.jp/~mi5h-skri/nagano/index.html
Copyright(C)2004-2008 HIRO SAKU All Rights Reserved.