木島平村の温泉 (下高井郡木島平村)

木島平村の夏 (木島平スキー場から)
木島平村の夏 (木島平スキー場から)

| 池の平温泉 ホテルシューネスベルグ || 馬曲温泉 望郷の湯 |

ホテルシューネスベルグホテルシューネスベルグ
ホテルシューネスベルグ大浴場

  池の平温泉 ホテルシューネスベルグ
ホテルシューネスベルグ
鉄分も豊富…
 下高井郡木島平村の木島平スキー場・池の平ゲレンデにあるリゾートホテル内の温泉。湯量豊富、鉄分と塩分を含んだ泉質は、神経痛や筋肉痛、関節痛などに効果がある。温泉の利用時間は、日帰りの場合、午前六時から午前九時までと、午後三時から午後十一時と定められている。ただ、午後三時前でも特段の事情がなければ入浴することができるようだ。
 男女別の大浴場は、正面玄関脇の階段を下りた場所にある。ホテル内の温泉施設ということもあり、浴場はとてもキレイ。正面の大きな窓からは、昼間は緑豊かな山並みが、夜間は満天の星を眺めながら浸かることができるようになっている。
 源泉名は 池の平源泉 、泉質は ナトリウム・カルシウム−塩化物冷鉱泉 (中性低張性冷鉱泉)、源泉温度は 16. 8度、 pH 7. 22 。

 
 池の平温泉 ホテルシューネスベルク 下高井郡木島平村上木島 4978-1
 TEL 0269-82-4600 FAX 0269-82-4666
  下高井郡木島平村大字上木島付近 ( 1 / 75000 )
  ホテルシューネスベルグ
 [ 営業時間 ] 6: 00 〜 9: 00、15: 00 〜 23: 00
 [ 料金 ] 大人 350円、小人 100円

池の平温泉 ホテルシューネスベルグには、平成 18年 8月 19日に訪問しました。 


馬曲温泉・望郷の湯馬曲温泉・望郷の湯
馬曲温泉・望郷の湯

  馬曲温泉 望郷の湯
馬曲温泉・望郷の湯
そば処を併設
 木島平村中心部から県道 354線(県道馬曲木島停車場線)を馬曲川沿いに進んだ馬曲温泉公園内にある温泉施設で、池の平温泉(ホテルシューネスベルグ)と同じ木島平観光株式会社が運営する。
 内湯と露天風呂の二つがあり、露天風呂は木島平を一望する絶景が楽しめることで知られている。露天風呂の広さは、女湯のほうが男湯(写真右上)よりも広く、パンフレットなどで紹介されている写真は女湯のものと思われる。泉質は、胃腸病や動脈硬化に効果がある 弱アルカリ性単純温泉 。露天風呂の湯は適度に加温されており、冬期でも雪景色を眺めながらじっくり温まることができる。

 
 馬曲温泉 望郷の湯 下高井郡木島平村大字往郷 5567-1
 TEL 0269-82-4028 FAX 0269-82-4062
  下高井郡木島平村大字往郷付近 ( 1 / 75000 )
  木島平観光株式会社
 [ 営業時間 ] 6: 00 〜 22: 00 (受付は 21: 30まで)
 [ 定休日 ] 毎月第二水曜日
 [ 料金 ] 大人 500円、小学生 200円、未就学児 無料

馬曲温泉 望郷の湯には、平成 18年 11月 18日に訪問しました。 


 <参考資料> 水車小屋(公園内・木島平村有形文化財)
馬曲温泉・望郷の湯
水車小屋
 この水車小屋は、明治二十年馬曲の福原和三郎さんが建築し今日まで四回の改築をし、米つき・わらたたき、粉ひきに使用されてきた。その後村へ寄贈され現在地へ平成元年七月移築したものである。馬曲には、明治時代十五・六の水車があったが村内では現在残っているのはここだけである。

 <参考資料> 平沢城跡(木島平村指定史跡)
 戸立岩方面から登ると老松のあるこの山城では最も高く馬曲部落を眼下に望む第三郭に出る。尾根を三十メートル下ると大空掘を経て第二郭に到る、さらに三十メートル下ると深さ三メートル・幅五メートルの三筋の大空堀がある。ここを越えると眺望のよい最も広い平坦な本郭に達する。
 この山城は毛見郷の北端に位置し、鎌倉時代より室町時代にかけて馬曲通り志久見郷への道を押える要衝にあたり毛見氏の一党である平沢氏の守城であったことは、文明六年( 1474 )には領主の代官となって諏訪上社の頭役を勤めている。要するにこの山城は毛見郷の北口よりの強敵に備えた番構で、規模も大きく堅固な史跡として注目される。

 (木島平村教育委員会設置の案内板から)



| 下高井郡木島平村 || 信州の温泉 || 総合案内 || 日本列島夢紀行 |



http://www.asahi-net.or.jp/~mi5h-skri/nagano/index.html
Copyright(C)2006 HIRO SAKU All Rights Reserved.