新湯田中温泉 昭和園ホテル椿野 (下高井郡山ノ内町)

「展望大浴場」と「檜露天風呂」

  新湯田中温泉 「昭和園ホテル椿野」
平成十年十月新装オープン
お洒落な装飾
ご馳走になった料理
 下高井郡山ノ内町の「湯田中渋温泉郷」のひとつ、新湯田中温泉は、長野電鉄湯田中駅から歩いて数分の位置にある温泉地で、現在、ここには「清風荘」( 0269-33-3295 )、「白雲楼」( 0269-33-2505 )、「ホテル白銀(しろがね)」( 0269-33-3541 )、「ホテルゆだなか」( 0269-33-5888 )、「湯田中大野屋」( 0269-33-3541 )、「湯田中プラザホテル」( 0269-33-3228 )そして今回訪ねた「昭和園 ホテル椿野」( 0269-33-3508 )の旅館が営業している。
 この新湯田中温泉では、清風荘を除く六軒のホテル・旅館と外湯の「鶴の湯」「亀の湯」に浸かる(宿泊者は無料)と、ホテルから記念品がプレゼントされる「八湯めぐり」に参加することができる。それぞれ特徴のある風呂が用意されているので、浸かり比べしてみるのも楽しいだろう。

 平成十年十月に新装オープンした「ホテル椿野」は、和室が二十四室、洋室を三室有する、新湯田中温泉にある七つの温泉宿のなかでも比較的規模の大きな宿泊施設。自慢の展望風呂は館内最上階にあり、男風呂には「君子蘭」、女風呂には「椿姫」の名称が付けられ、双方に設けられた「展望大浴場」(内湯)「陶芸露天風呂」「檜(ヒノキ)露天風呂」からは、山ノ内町・中野市の町並みのほか、北信五岳の山並みを一望することができる。源泉は、新湯田中温泉開発組合により三ヶ所から引湯したものを利用しており、泉質は 単純温泉 (中性低張性高温泉)。源泉温度は 52. 5度、 pH 7. 19 。

 「ホテル椿野」の特徴をもうひとつあげるとすれば、それは料理かもしれない。右下の写真をご覧頂くと、いかにも宴会のための料理にようにしか見えないが、実際に並ぶものは少なくともこの倍以上で、地元産の食材を使ったメニューは、誰もがその豪華さと味わいに唸らされる逸品ばかり。定評のある「信州牛」(北志賀高原・高井富士産)を使った「信州牛の和風ステーキ」、女性にも人気の「ふかひれスープのパイ包み焼き」は、個人的にもトクにおススメしたいメニュー。詳しくは ホテル椿野 のホームページでご確認願いたい。

 
 昭和園ホテル椿野 下高井郡山ノ内町湯田中温泉
 TEL 0269-33-3508 FAX 0269-33-3500
  下高井郡山ノ内町大字平穏付近 ( 1 / 6500 )
  新湯田中温泉 昭和園ホテル椿野

新湯田中温泉・昭和園ホテル椿野には、平成 14年 11月 22日に訪問しました。 


| 下高井郡山ノ内町 || 信州の温泉 || 総合案内 || 日本列島夢紀行 |



http://www.asahi-net.or.jp/~mi5h-skri/nagano/index.html
Copyright(C)2004-2006 HIRO SAKU All Rights Reserved.