八ヶ岳海尻温泉 灯明の湯 (南佐久郡南牧村)

八ヶ岳海尻温泉 灯明の湯
八ヶ岳海尻温泉 灯明の湯

  八ヶ岳海尻温泉 灯明の湯
八ヶ岳海尻温泉 灯明の湯
温泉(左折)の看板
八ヶ岳海尻温泉 灯明の湯
露天風呂
 南佐久郡南牧村海尻の八ヶ岳を望む静かな農村地帯にある日帰り温泉施設。オープンは平成十一年で、八ヶ岳温泉開発株式会社が運営する。蔵を模した建物の入口には「灯明の湯」と記された提灯が掲げられ、館内に入れば梁を廻らした畳敷きの広間を、和紙で覆った灯りが優しく照らしている。
 浴場は玄関左手を少し奥に進んだところにある。自然光を取り入れた明るい内湯、加温・加水なしのかけ流し風呂、大小の岩を巡らし、その合間から勢いよく湯が涌き出る露天風呂…。湯船に湛えられた淡緑色の湯は、天然成分が豊富に含まれていることを示している。最近では、成分に含まれている「炭酸水素塩泉」がアトピーに効果的であることから注目されるようになっている。
 源泉名は 八ヶ岳海尻温泉 、湧出地は南佐久郡南牧村大字海尻字栗谷上日向中 1465-1 。泉質は ナトリウム・マグネシウム - 炭酸水素塩・塩化物温泉 (中性低張性低温泉)、泉質温度は 32. 1 度、 pH 6. 8 。

 途中、国道には幾つか看板が設けられているものの、国道 141号線(佐久甲州街道)は交通量が多いため、ついついスピードを出していると入口を見落とすことも…。野辺山高原から佐久市に向かう場合は、湯川を渡ると大きな看板(写真右上)が掲げられているので、案内に従ってここを左折。JR小海線のガードを抜け、約八百メートルほど進むと温泉施設が見えてくる。

 
 八ヶ岳海尻温泉 南佐久郡南牧村大字海尻栗谷上日向中 1465-1 
 TEL 0267-91-4111
  南佐久郡南牧村大字海尻付近 ( 1 / 75000 )
  八ヶ岳海尻温泉 灯明の湯
 [ 営業時間 ] 10: 00 〜 21: 00 (受付は 20: 20 まで)
 [ 定休日 ] 毎週火曜日
 [ 料金 ] 大人 800円、子供(小学生以上) 600円、幼児 無料
 [ そのほか ] 
  ・ ホームページに割引券あり


 <参考資料> 灯明の湯の由来
 江戸時代中期の元禄十五年( 1702 )、前年(注1)の大火で焼失した善光寺本堂再建(注2)のため、南佐久各地から材木が伐り出され、南牧村(海尻)から伐り出された木は、湯川渓谷を経て千曲川へと運ばれました。ある日、夕暮れに及んだ作業に難儀していると、渓谷の岩の一つが灯を灯したように明るくなり、人々の作業を助けたました。以来、その200メートル近い巨石を”灯明の岩”と呼ばれるようになりました。渓谷には清光寺、上人の尾根などの地名が遺され、古くから仏門信徒の修業の聖地だったことをうかがわせます。
 「灯明の湯」は、そうした湯川渓谷の温泉で、皆様の心に温かな憩いの明かりを灯したいとの願いを込めて、命名致しました。(「灯明の湯」案内から)

注1:元禄十三年( 1700 )に焼失
注2:幕府の命を受けた松代藩主真田幸道が元禄十六年( 1703 )に起工し、約三年の歳月をかけて本堂を再建。宝永四年( 1707 )に落成、設計者は甲良宗賀、棟梁は木村万兵衛。



八ヶ岳海尻温泉 灯明の湯には、平成 18年 8月 20日に訪問しました。 




| 南佐久郡南牧村 (公式HP)|| 信州の温泉 || 総合案内 || 日本列島夢紀行 |



http://www.asahi-net.or.jp/~mi5h-skri/nagano/index.html
Copyright(C)2006-2008 HIRO SAKU All Rights Reserved.