東京都中央区銀座4-14-19第2カタヤマビル03(3541)5486
診療案内 HOME  プロフィール 漢方診療Q&A読み物index
 診療時間 / 診療内容 / 初診について / 再診について / 費用について / アクセス(地図) / 関連情報 
 診療時間 
水  金  土 
9:30〜1:00
受付9:15〜12:30)

〜2:00
3:00〜7:00
受付2:45〜6:30)
 




火曜日の診療について(8〜10月)
 
   午前     午後 
 8/29  休
 9/ 5
 9/12
9/19
 9/26
 10/ 3 休 
 10/10
 10/17 休 
 10/24 休 
 10/31 休 

診察室のCDコーナー
      ※土曜日の受付は9:15〜1:30です 
      ☆火曜日の診療は不定期です。右記の「火曜日の診療について」をご確認ください。


      ■第2水曜日午前の診療木暮文恵医師が担当いたします。 

      ■休診日:日曜日、月曜日、祝祭日/夏季、年末年始

      ■初診は予約制です<<初診について>>
ページトップへ
 診療内容
漢方に関しては、内科疾患に限らず、生理痛、不妊症などの婦人科疾患、アトピー性皮膚炎などの皮膚科疾患、こどもの喘息など、科の区別を問わず診療しています。どんな病気が漢方治療に適しているかなど、詳しいことは「漢方診療Q&A」をご参照ください。

漢方薬は、エキス剤だけでなく生薬(煎じ薬)も処方できます。生薬の場合は個々の患者さんに応じた調節がしやすく、漢方本来の持ち味を存分に生かすことができます。エキス剤も生薬も保険診療です。
高血圧や糖尿病、高脂血症、気管支喘息といった一般的な内科疾患については、現在の標準的な治療からかけ離れない治療内容を心がけています。高血圧に対しては種々の新しい降圧剤、糖尿病に対しては場合によってインスリン在宅自己注射の導入、気管支喘息に対してはピークフローメーターを用いた自己管理とステロイド吸入剤の使用を積極的にお勧めしています。これらと漢方薬の併用をお勧めすることもあります。

一般的な血液や尿の検査、心電図、腹部超音波の検査はいつでも当院で行えます。レントゲン、内視鏡、CT、MRIなどの設備はありませんが、必要に応じて専門医療機関を迅速にご紹介しています。主な紹介医療機関についてはリンクページをご参照ください。

電子カルテを使った診療内容の記載・保存と医事会計を行っています。電子カルテは、記載内容を患者さんにも見ていただき、互いに確認しながら診療を進められるなどの利点があります。

薬は院外処方です。保険調剤薬局でお受取いただきます。調剤薬局は診療所の近隣にもいくつかあります。漢方生薬は保険調剤しているところが限られます。お心当たりがなければご相談ください。

当院はレントゲンの設備がないため一般の健康診断はお受けしておりません。
ページトップへ
 初診について(必ずお読みください)
初診時は予約をお願いします。
初診では30分ほどかけ問診、腹診、脈診などの診察を行います。初診の予約は平日(水曜日午後を除く)の日中の時間帯でお願いしています。詳しくはお電話、窓口でご相談ください。

予約日時が決まりましたら、予約票・問診票などを郵送いたします。問診票は予めご記入の上、診察時にご持参いただきます。予約日が当日・翌日など郵送が間にあわない場合には、予約時間の30分前に来院の上、診療所で記入していただきます。

問診票は2枚あります。1枚目では、受診される目的や現在受けている治療や服用している薬、既往歴、家族歴、アレルギーの 有無、生活習慣、治療に関する希望などについてお尋ねします。2枚目は漢方の問診票です。食欲や睡眠、便通、身体の各所について状態など、約200項目についてチェックしていただきます。

予約は電話または窓口で受け付けます。(※聴力や発声にハンディがある方は電子メール、ファクスをご利用ください。その際、お名前、ご住所、ご連絡先のファクス番号、メールアドレスを必ずご記入ください。

初診時は必ず保険証その他必要な医療券などを御持参ください。現在薬(処方薬、市販薬を含め)を服用中の方は、その内容、量などがわかるよう、書類か現物をお持ち下さい。過去の検査や検診の資料をお持ちの方は、参考にさせていただくことがありますので、最近のものをお持ちください。

初診時予約料として、受診時に2,000円を申し受けます。
当院の予約料は「特定療養費制度」の一つとして認められているもので、制度上の必要要件を満たし、関係機関に届け出を提出した上で予約料をいただき、診療時間の確保と待ち時間の短縮に役立てています。
ページトップへ
 再診について
再診は原則として、火・木・金・土曜日は予約制、水曜日は受付順に診察いたします。なお、緊急時はこの限りではありませんのでご相談ください。

2回目の受診については1週〜3週程度で経過を拝見させていただき、それ以降は症状や経過により1週〜10週ごとの受診となります。

予約再診時には、一回につき1,000円の予約料を申し受けます。
当院の予約料は「特定療養費制度」の一つとして認められているもので、制度上の必要要件を満たし、関係機関に届け出を提出した上で予約料をいただき、診療時間の確保と待ち時間の短縮に役立てています。
ページトップへ
 費用について(院外処方)
初診時に14日分の薬(1種類)が処方された場合の概算です。保険の種類、診療の内容(検査、処置など)や処方内容などによって変わってきます。あくまでも目安としてお考え下さい。

自己負担3割の場合-----------------------
・診療所 1050〜1080円(保険分)+2000円(保険外・初診時予約料として)     
・薬 局  750円〜2500円程度
ページトップへ
 アクセス(地図)


東京都中央区銀座4-14-19 第2カタヤマビル3F 
03(3541)5486


東銀座駅
(東京メトロ日比谷線・都営浅草線)  
5番・3番・A7番・A8番出口より徒歩3〜4分

銀座駅(東京メトロ日比谷線・銀座線)
A6・A12番出口より徒歩約7〜8分

 
※地図には出ていませんが、丸の内線の銀座駅から約10分、有楽町線の新富町駅から5〜6分です。


むくげ@松屋通り
ページトップへ
 関連情報
丹羽病院(小田原市)
第一、第三月曜日の午前に九鬼が漢方外来を行っています。
丹羽病院は小田原駅から徒歩10分、消化器疾患を得意とする病院です。漢方外来では銀座内科と同様、内科一般と漢方一般を対象に漢方エキス剤の他、生薬(煎じ薬)も処方しています。診察は予約制です。受診申込など詳細については丹羽病院へ直接お問い合せください。

富山大学医学部和漢診療学講座
和漢診療を受けられる全国の医院・病院が掲載されています。
ページトップへ
記事・画像の無断転載・引用をお断りします/Copyright(C)1997-2015銀座内科診療所 All rights reserved