本文へスキップ

ペタンクは誰でも楽しめるフランス生まれのスポーツです

ペタンクやりませんか

ペタンクのルール解説RULE

ここでご紹介しているルールは、国際ペタンク・プロヴァンサル連盟(F.I.P.J.P.) のペタンク公式競技規則(F.I.P.J.P.のサイトにフランス語、英語で掲載されています。)の英語版を翻訳、解説したものです。
日本のペタンクでは、各組織により規則の解釈や適用に違いもあるので、所属される組織のルールブックをご参照ください。


一般規定

第1条:チームの構成
ペタンクは、3人対3人(トリプルス)でプレイするスポーツです。2人対2人(ダブルス)、あるいは、1人対1人(シングルス)という対戦方式もあります。
トリプルスでは、各プレーヤーが2個、ダブルスとシングルスでは、各プレーヤーが3個のブールを使います。
※上記以外の対戦方式は禁止されています。

第2条:公認ブールの特性
ペタンクは、国際ペタンク・プロヴァンサル連盟(F.I.P.J.P.)が公認したブールで競技するもので、ブールは、次の規格のものでなければなりません。
1)金属製であること
2)直径は、7.05cm(最小)と8cm(最大)の範囲であること
3)重さは、650g(最小)以上800(最大)以下であること。製造メーカーの商標と重量がブールに刻印されており、これが常に判読できなければなりません。
11歳以下を対象とする競技会では、重さ600g、直径65mmのブールを使用することができます。但し、公認されたブールに限ります。
4)鉛ブールの重さを変えたり鉛や砂などを入れたりしてはなりません。国際ペタンク・プロヴァンサル連盟(F.I.P.J.P.)認定の製造メーカーによって製造されたブールをいかなる方法でも再加工してはいけません。
製造仕様書に規定されている範囲で、プレイヤーの名前やイニシャル、ロゴなどをブールに刻印することは認められています。

第2条の2:不適格ブールに対する制裁
前条4)の規定に違反したプレーヤー及びそのチーム全員は、即刻退場となります。
変造または焼きなましを施したブールを使用したプレーヤーに関しては、所属組織の規律委員会が定める処罰とは別に、罰則規定に定められた期間、ライセンスは抹消されます。
そのブールが借用したものである場合、その所有者が確認された時点で、この所有者は、違反プレーヤーが所属する組織の罰則規定に定められた期間、ライセンスの停 止処分を受けます。
ブールが、変造はされていないが使い古されているため、あるいは製造上の欠陥があり検査に合格しなかった場合、また前条1)、2)及び3)の規格に適合し ない場合は、プレーヤーはそのブールを取り替えなければなりません。なお、別のセットに取り替えるえることもできます。
両チームのプレイヤーは、第2条1)2)及び3)に関する抗議をゲームのスタート前に限り行うことができます。両チームのプレイヤーは互いのブールが前記に適合しているか否かを確認することが必要です。

前条4)に基づく抗議は、ゲーム中にメーヌとメーヌとの間であればいつでもできます。しかし、3メーヌ以後は、もし相手のブールに違反箇所が見つからなかったときは、抗議を受けたチームの得点にに3点が加算されます。ブールを切断して検査を行ったとき、そのブールが規格に適合したブールであれば、ブールの所有者に弁償または代わりのブールを提供しなければなりません。しかし過大な損害賠償を請求してはなりません。
審判員や競技委員会は、いつでもプレイヤーのブールを検査することができます。 

第3条:公認ビュット
ビュットは、木製、または、製造メーカーのマークがあり適切な仕様に完全に合致していることを国際ペタンク・プロヴァンサル連盟(F.I.P.J.P.)が保証した合成樹脂製のものとします。ビュットの直径は、30mm( 許容:±1mm )でなければなりません。
何色にも着色できますが、磁石で拾い上げることができるものであってはなりません。

第4条:ライセンス
大会の開始前に、各プレーヤーはライセンスを提示しなければなりません。大会本部に預けてある場合を除き、審判員または相手チームから要求があったときも提示しなければなりません。

試合

第5条:テランの規定
ペタンク競技は、どんな地面でもプレイできます。ただし、大会運営委員会または審判員により指定されたときは、示されたテランでプレイしなければなりません。国内選手権大会や国際競技大会などは、最低でも幅4メートル、長さ15メートルのテランで競技することとなっています。
その他の大会では、幅3メートル、長さ12メートルに短縮することも認められています。
縦方向に連なったテランの場合、各テランのエンドラインがアウトラインとなります。
テランが柵などで囲まれている場合、柵は競技テランの外周から最低1m離れていなければなりません。
試合は13 点先取で行われます。ただし、予選リーグなどの試合では11点先取とすることができます。
大会によっては、時間制限を設けた試合により運営することができます。

高齢者や初心者を対象とする大会では、長さ12メートルのテランを設営すると、参加者に負担がかかりません。フリーのテランで行われるゲームでは、ビュットが20メートルまで移動しても有効ですから、非力なプレーヤーにはかなり厳しい状況となります。正式な試合は、13点または11点を先取するというのがペタンクのゲームです。9点とか7点などの方式は認められていません。


第6条:試合の開始:サークルの規定
両チームのプレーヤーはどちらがテランを選び、最初にビュットを投げるかを決めるために、コイントスをします。

大会運営委員会によってテランが決められているときは、そのテランでビュットを投げなければなりません。チームは、審判員の許可なしに他のテランでプレイしてはいけません。

コイントスで勝ったチームのプレーヤーの一人がスタート地点を決め、全プレーヤーの両足が完全に入る大きさの投球サークルを地面に描きます。ただし、サークルの直径は、35cm以上50cm以下でなければなりません。
ポータブルサークルを使う場合は、硬い材質でなければならず、その内径は50cmとします。





FJPJPで公認されたサークルを使用すると、テランも荒れず、大きさのトラブルなども防ぐことができスムースな試合運びができます。

(写真はFJPJP公認折り畳み式サークル)


このサークルは、ビュットを投げるチームが3回まで投げられるが、禁止区域から1m以上離れていなければなりません。

また、フリーテランで試合が行われているときは、他の試合中のチームのサークルから2m以上離れている必要があります。ビュットを投げるチームは、サークルの周りにある以前に使用されたサークルは消しておきます。

サークル内の砂利や小石などは、メーヌの間は一時的に取り除くことができます。メーヌ終了後または次のメーヌでビュットを投げる前に、これらを元の通りに戻さなけ ればなりません。
サークルは禁止区域とはみなされません。
ブールを投げるときは、両足がサークルの中に入っていなければなりません。サークルを踏んだまま投げたり、投げたブールが着地する前に、足が完全に地面から離れたり、サークルの外へ踏み出したりしてはいけません。身体のいかな る部分も、サークル外の地面に触れてはなりません。
例外として、下肢が不自由な身体障害者の場合は、サークル内に片足だけを入れた状態で競技することが許さ ます。
車椅子からブールを投げるプレイヤーは、少なくとも車輪の一つ(利き腕側の車輪)がサークル内に入っていなければりません。
ビュットを投げたプレーヤーが必ずしも最初の投球をしなくてもよいとされています。

第7条:ビュットを投げる規定距離
プレーヤーが投げたビュットは、次の条件を満たしていれば有効です。
1)サークルの先端からの距離が次の場合:
・ ジュニアとシニアの場合は、最低 6mから最大10mまで
・年少者を対象とする大会では、より短い距離を適用することがあります。
2)サークルは、障害物及び禁止テランの境界から最低1m以上離れていること
3)ビュットが、障害物及び禁止テランの最も近い境界線から最低1m以上離れていること
4)ビュットが、サークル内の先端に両足を置き直立姿勢で立ったプレーヤーから見えること。この点に異議がある場合は、審判員がビュットが見えるかどうかを判定します。

次のメーヌからは、前メーヌでビュットがあった地点を中心に描くか置いたサークルからビュットを投げます。ただし、次の場合を除きます。
・サークルが、障害物または禁止テランの境界線から1m以内に入ってしまう場合。
・ビュットを規定されている距離に投げられない場合。

前項1の場合、プレーヤーは障害物または禁止テランの境界線から規定の距離を置いてサークルを描くか置きます。
前項2の場合、プレーヤーは前メーヌで試合を展開した方向に、ビュットを最大の規定距離に投げられる地点まで後退することができます。ただし、それ以上の距離に後退してはいけません。
この措置は、ビュットをいずれの方向にも最大の規定距離に投げられない場合にのみ適用されます。

ビュットを3回投げても上記に規定する条件に入らなかった場合は、相手チームがビュットを3回まで投げることができ、前項に規定する条件で、サークルの位 置を後退させることができます。このチームも3回投げて成功しなかった場合は、サークルの位置を変えることはできません。

いずれの場合でも、初めにビュットを投げたチームが最初にブールを投げることになります。

第8条:投げたビュットの有効性
ビュットが、審判員、プレーヤー、観客、動物その他すべての動く物体により止められた場合は無効となり、投げ直さなければなりません。ただし、3回の投球回数には数えません。

ビュットに続き、最初のブールが投げられた後でも、相手チームはビュットが規定内の位置について異議を唱えることができます。この異議が正しいと認められた場合、ビュットと最初のブールは投げ直すことになります。

ビュットを投げ直すためには、両チームがビュットの無効を認めるか、審判員が無効と判定を下さなければなりません。いずれかのチームがこれとは違う処置をし た場合、このチームはビュットを投げる権利を失います。

相手チームもブールを投げた場合は、ビュットは有効と認められ、いかなる抗議も認められません。

第9条:ビュットの無効
ビュットは次ののいずれかに該当する場合は無効となります。

1)ビュットが禁止テランに移動したときは、たとえ有効テランに戻ってきても無効です。有効テランの境界線上に跨っているビュットは有効です。有効テ ランの境界線またはアウトラインを完全に越えた場合、即ち、真上から見たときにこの限界線から完全に出ている場合、ビュットは無効となります。ビュットが完全に浮く水溜りは無効テランとみなされます。

2)有効テランでビュットが移動してサークルから見えなくなったとき、ビュットは無効となります(第7条参照)。ただし、ビュットがブールの後ろにあって見えない場合は有効です。審判員はビュットが見えるかどうかを確認するため、一時的にブールを取り除くことができます。

3)ビュットが移動して、投球サークルから20m(ジュニア及びシニア)または15m(年少者の場合)を超えたとき、また3m以下に戻ったとき、この ビュットは無効となります。

4)ビュットが横に隣接するテランの先のテランに入ったとき、このビュットは無効です。また、テランが縦に連なっている場合、エンドラインを超えたビュットは無効である。
5)ビュットが移動して見つからないとき、このビュットは無効です。移動したビュットを探す時は5分間とします。

6)ビュットと投球サークルの間に禁止テランがある場合、ビュットは無効となります。

第10条:障害物の移動
プレーヤーは、テラン内にあるいかなる障害物も取り除いたり、移動させたり、踏み潰したりしてはいけません。ただし、ビュットを投げるプレーヤーが、ブールの着地点となる地面の状態を調べるために、自分のブールの一つで地面を3回までたたいてもよい。さらに、投球しようとするプレーヤーまたはそのチームメイト は、直前に投げられたブールによってできた窪みをひとつ埋めることができます。
上記の規定を守らなないプレーヤーは、第34条の罰則が適用されます。

第10条の2:ビュットまたはブールの交換
プレーヤーは試合中にビュットまたはブールを交換することはできません。ただし、下記の場合は、この限りではありません。

1)ビュットまたはブールが見つからない場合。ビュットまたはブールを探す時間は最大5分間です。

2)ビュットまたはブールが割れた場合 最も大きい断片を有効とします。まだ投球するブールがあるときは、必要ならば計測をした後、直ちに同一または近い直径の ビュットまたはブールに置き換えます。このプレーヤーは次のメーヌから別のセットを使うことができます。


ビュット

第11条:隠れたり動いたビュット
メーヌ中にビュットが不意に木の葉、紙くずなどに覆われて見えなくなった場合、この覆った物を取り除きます。
静止していたビュットが、風やテランの傾斜などが原因で動いた場合、マーキングされていれば、元の位置に戻すことができます。ビュットが偶発的に審判員、プレーヤー、観 客、他のテランから来たブールまたはビュット、動物その他の動く物体により動かされた場合も同様です。
トラブルを避けるために、プレーヤーはビュットにマーキングしなければなりません。マーキングの無いブールまたはビュットについては、いかなる抗議も認めら れません。
試合中のブールにより動かされたビュットは有効です。
必ず正しくマーキングするように習慣づけることが大切です。普段の練習のときから、マーキングしましょう。
マーキングは、ビュットだけでなくベストブール(最もビュットに近いブール)にもしておくと、トラブルを避けることができます。


第12条:他のテランへ移動したビュット
メーヌの途中でビュットが他のテラン(区画の有無にかかわらず)へ移動した場合、第9条の規定に該当しない限り、有効です。

このビュットを使用中のプレーヤーは、そのテランで開始したメーヌが終わるのを待って、自チームのメーヌを終了させなければなりません。

本条の適用対象となるプレーヤーは、忍耐と礼節をもって待たなければなりません。

次のメーヌでは、両チームは指定された元のテランで、第7条の規定によりビュットが移動する前にあった位置からビュットを投げて試合を続行します。

第13条:ビュットが無効になった時の措置
メーヌの途中でビュットが無効になった場合は次の通りにします。

1)両チームにブールが残っている場合、そのメーヌは無効とします。

2)一方のチームにブールが残っている場合、残っているブールの数がこのチームの得点となります。

3)両チームともブールが無い場合、このメーヌは無効となります。

第14条:ビュットが止められた場合の措置
1)ビュットがブールに当てられ、観客または審判員に当たって止められるか方向を変えた場合、その停止位置が有効となります。

2)ビュットがブールに当てられて、有効テランにいるプレーヤーにより止められるか方向を変えられた場合、そのプレーヤーの相手チームは次のうちのいずれかを選ぶことができます。
a)ビュットが停止した位置のままにする。
b)ビュットを元の位置に戻す。
c)ビュットを元の位置から停止位置の延長線上の任意の位置に置く。ただし、投球サークルから最大20m(年少者の場合は15m)までとし、ビュッ トが見えること。

前項b)とc)は予めビュットがマーキングされていた場合に適用されます。マーキングされていなかった場合、ビュットは停止位置のままとします。ビュットがブー ルに当てられ、いったん禁止テランに入った後、有効テランに戻った場合は無効となり、第13条が適用されます。 

ブール

第15条:第1投目とその後の投球
メーヌの第1投目は、コイントスなどで勝ったチーム、または、前メーヌで得点したチームが投げます。次に、相手チームが投げます。

プレーヤーは、ブールをポワンテ(ポルテまたはドゥミポルテ)しやすくするために、いかなる物の助けを借りたり、また地面に線を引いたり、着地点に印をつけることなどはしてはいけません。最後のブールを投げるとき、もう一方の手に余分のブールを持って投げることはできません。

ブールは、一球ずつ投げなければなりません。

一度投げたブールを投げ直すことはできません。ただし、サークルとビュットの間で、別のテランから来たブールまたはビュット、動物、動く物体(例えば大きなボール)などにより偶然に止められたり、方向を変えられたりした場合、および第8条2項に該当する場合は、投げ直さなければなりません。

ブールやビュットを濡らすことは禁止されています。

プレーヤーはブールを投げる前に、泥などの付着物をすべて取り除かなければなりません。これに違反した場合は、第34条の罰則が適用されます。

第一投目のブールが禁止テランに入った場合は、相手チームがブールを投げます。以後、有効テランにブールが残るまで、交互に投げます。

ティールまたはポワンテの結果、有効テランにブールがない場合は、第28条のメーヌの無効に関する規定を適用します。

第16条: 試合中のプレーヤーと観客の態度
プレーヤーが投球するために与えられた規定の時間内は、観客およびプレーヤーは静粛にしていなければなりません。

相手チームは、歩いたり、身振り手振りで会話したり、その他投球しようとしているプレーヤーに支障となるような行為は一切してはなりません。ただし、投球するプレイヤーのチームメ イトがビュットと投球サークルの間に立つことはできます。

相手チームは、ビュットの先または投球するプレーヤーの後方に控え、いずれの場合も競技の方向に対して横側でプレーヤーまたはビュットから2m以上離れていなければなりません。

この規定を守らないプレーヤーは、審判員の警告を受け、その後も態度を変えない場合は、大会から退場させられることがあります。

第17条:ブールの投球練習およびテランから出たブール
試合中はブールの球練習をすることはできません。この規則を守らないプレーヤーには、第34条の罰則が適用されることがあります。

メーヌの途中で指定されたテランの外に出たブールは第18条の規定に抵触しない限り、有効です。

第18条:無効ブール
禁止テランに入ったブールはすべて無効です。有効テランの境界線に跨っているブールは有効です。ブールが有効テランの境界線またはエンドラインを完全に越えた場合、即ち、真上から見て境界線を完全に越えている場合は無効です。ブールが横に隣接するテランを完全に越えて、その先の テランに入った場合、このブールは無効となります。

いったん禁止テランに入ったブールが、地面の傾斜によりまたは障害物(静止しているか動いているかに拘わらず)に当たってテランに戻った場合は直ちにこ れを取り除き、そのブールによって動かされたものはすべて元の位置に戻します。

無効となったブールは直ちに取り除きます。この措置を怠った場合、相手チームの投球が終わったとき上記のブールは有効と見なされます。

第19条: 止められたブール
投げたブールが観客または審判員によって止められるか方向が変えられるかしたときは、ブールが停止した位置を有効とします。

投げたブールが、同じチームのプレーヤーによって止められるか方向を変えられるかしたときは、そのブールは無効とされます。

ポワンテしたブールが、相手チームにより止めらるか方向を変えられるかしたとき、投げたプレーヤーは投げ直すか、その停止した位置のままとするかを選ぶことができます。

ティールしたブールまたはティールされたブールがプレーヤーによって止められるか方向を変えられるかしたとき、止めたプレーヤーの相手チームは次のいずれかを選ぶことができます。
1)ブールを停止位置のままにする。
2)ティールされたブールがあった地点から停止位置を結ぶ延長線上の任意の地点に置く。ただし、ブールを置く位置は競技可能なテラン内であること。なお、この措 置はブールがマーキングされていた場合に限る。
プレーヤーが動いているブールを故意に止めた場合、プレーヤーだけでなく、そのチームは直ちに進行中の試合において失格となる。


第20条:投球の制限時間
ビュットが投げられた後、ブールを投げるまでの制限時間は1分間です。この制限時間は、ビュットまたは直前に投げたブールが停止してから計ります。得点を確認するために計測を行った場合は、計測終了時から計ります。

各メーヌ終了後にビュットを投げる場合も、この規定が適用されます。

この制限時間を守らないプレーヤーには、第34条の罰則が適用されます。

第21条:移動したブール
停止したブールが、風や地面の傾斜によって動いた場合は、元の位置に戻します。プレーヤー、審判員、観客、動物その他あらゆる動く物体によって偶発的に動かさ れたブールも同様です。

トラブルを避けるために、プレーヤーはブールをマーキングしなければなりません。マーキングのないブールについての抗議は一切認められません。審判員はテラン にあるブールの位置によってのみ判定します。

試合中に投げたブールによって動かされたブールは有効です。

第22条:自分のブール以外のブールを投げたプレーヤー
自分のブール以外のブールを投げたプレーヤーは警告を受けます。ただし、投げたブールは有効であり、必要であれば計測をした後、直ちに自分のブールと置き換えなければなりません。

同一試合中に同じ違反をした場合、このプレーヤーのブールは無効となり、そのブールによって動かされたすべてのものは、元の位置に戻します。

メーヌが終了する前に、投球されたブールを拾い集めてはいけません。

第23条:規則に違反して投げたブール
投球に関する規則に違反して投げたブールはすべて無効です。そのブールが動かしたものはすべて元の位置に戻します。ただし、マーキングしてあったものに限ります。ビュットが投げられたサークル以外のサークルから投げたブールも同様です。

この場合、相手チームはアドヴァンテージルールを適用して、このブールが有効であると宣言することができます。ポワンテまたはティールしたブールは有効となり、そのブールが動かしたすべてのものはその位置のままにします。

アドバンテージルールは、当然味方チームに有利の場合に適用することは言うまでもありません。


得点と計測

第24条:ブールを一時的に取り除くこと
計測をするビュットとブールの間にあるブールおよび障害物は、マーキングした後、一時的に移動することができます。計測後、そのブールと障害物は元の位置に戻します。障害物を移動できない場合は、コンパスを使って計測をします。

第25条:得点の計測
計測は最後に投げたプレーヤーまたはそのチームメイトが行います。プレーヤーの一人が計測した後、その相手チームにも計測をすることができます。計測の対象となる ブールがどのような位置でも、また、メーヌ中のいかなる時でも、審判員に判定を求めることができます。審判員の判定は絶対です。

各チームは計測に適切な用具を用いて計測しなくてはなりません。足で計測することは禁止されています。この規則を守らないプレーヤーに対し て、審判員の警告の後も同様の行為をした場合は、第34条の規定により罰則が適用されます。


両チームともメジャーなどの測定器具を一つは準備しておかなければなりません。







第26条:得点を数える前に拾い上げたブール
メーヌの終了前にブールを拾い上げることは禁止されています。
メーヌ終了時、得点を数える前に、相手チームの合意なしに拾い上げたマーキングの無いブールは無効です。これに関してのいかなる抗議も認められ ません。

ブールは互いに得点を確認してから拾い上げましょう。普段の練習試合でも気をつけましょう。

第27条:計測中のブールまたはビュットの移動
プレーヤーの一人が計測中にビュットまたはブールを動かした場合、このプレーヤーが属するチームの動かしたブールの得点は無くなります。

計測中に、審判員がビュットまたはブールを動かしたり位置を変えた場合、審判員の判定は公正なものとみなします。

第28条:ビュットから同距離のブール
ビュットに最も近いそれぞれ別のチームに属する2つのブールが同距離の場合、次のいずれかが適用されます。

1)両チームにブールが残っていない場合、このメーヌは無効となり、前メーヌで得点したチームがビュットを投げます。

2)一方のチームにブールが残っている場合、このチームが投球し、最終的に相手チームのビュットに最も近いブールよりも近いブールの数が得点となります。

3)両チームにブールが残っている場合は、最後に投球したチームが投げ、次に相手チームが投げます。以後、どちらかのチームが得点するまで交互に投げます。一 方のチームにしかブールが残っていない場合は、前節の規定を適用します。メーヌの最後に有効テランにブールが一つも無い場合、このメーヌは無効となります。

第29条:ビュットまたはブールへの付着物
ブールまたはビュットに付着した異物は、計測する前に取り除かなければなりません。


規律

第30条:抗議
抗議は、すべて審判員に申し入れなければなりません。試合終了後の抗議はいかなるものも認められません。

各チームは、対戦する相手チームのライセンス、カテゴリー、テラン、ブールなどをチェックする責任があります。

第31条:チームまたはプレーヤーが不在の場合ののペナルティー
プレーヤーは、試合の組合せ抽選およびその結果の発表時に大会本部の付近にいなければならない。抽選結果の発表から15分後にテランにいない チームには、ペナルティーが科され、相手チームに1点が与えられます。15分以後は、ペナルティーが5分ごとに1点追加されます。

大会中に行う組合せ抽選後および何らかの理由で中断されていた試合が再開された場合も、同様のペナルティーが適用されます。

試合開始または試合再開から1時間経過してもテランに現れないチームは、大会失格を宣告されます。

プレーヤーが揃わないチームは、不在プレーヤーを待つことなく試合を始めることができます。ただし、不在プレーヤーのブールを使用することはできません。

プレーヤーは、審判員の許可なしに、試合を欠場したりテランを離れることはできません。審判員の許可なしに欠場またはテランを離れた場合は、本条および次条の規定を適用します。

第32条:遅刻プレーヤーの到着
メーヌの開始後、不在プレーヤーが到着した場合、進行中のメーヌに参加することはできません。このプレーヤーは次のメーヌから試合に参加することができます。

不在プレーヤーが、試合開始後1時間以上経ってから到着した場合は、この試合に参加することはできません。

大会がトーナメント方式で行われている場合、チームメイトがこの試合に勝った時は、このプレーヤーがチームの出場選手として登録されていれば次の試合に参加することができます。

大会が予選方式で行われている場合は、1回戦の結果にかかわらず、2回戦から参加することができます。

メーヌは、ビュットが有効テランに規定通り止まった時から開始されたものとします。

たとえば、トリプルスの試合の場合、一方のチームのプレイヤーが一人揃わないときは、3人対2人で試合することになります。この場合、2人のチームの持ちブールは、各自2個ですからチームとしては4個ということになります。 プレイヤーはチームに迷惑をかけないよう、少なくとも試合開始20分前までには会場へ到着するように心掛けましょう。

第33条:プレーヤーの変更
ダブルスでは一人、トリプルスでは一人または二人のプレーヤーの変更は、大会開始の正式な合図(爆竹、ホイッスル、アナウンスなど)前であれば認められます。ただし、交代するプレーヤーが大会に出場する他のチームに登録されていない場合に限ります。

第34条:競技上の制裁
競技規則を遵守しないプレーヤーには次のいずれかの制裁が科されます。
1)警告
2)投げたブールまたはこれから投げるブールの取り消し
3)投げたブールまたはこれから投げるブールと次のブールの取消し
4)違反プレーヤーの試合失格(退場)
5)違反チームの失格
6)共謀した場合は両チームの失格

第35条:荒天時の処置
降雨の場合、開始したすべてのメーヌは終了するまで行なわなければなりません。ただし、決定権を持つ審判員と競技委員会が、メーヌの中断または不可抗力による中止を決定したときは、この限りではありません。

第36条:競技の新たな段階
大会の新たな段階(2回戦、3回戦など)の開始を宣言した後、まだ終了していない試合があるときは、審判員は、大会運営委員会の意見を聞いた後、大会が順調に進行するために必要であると判断される、あらゆる措置または決定を下すことができます。

第37条:賞金などの分配
賞金や賞品などを分け合うことは禁止されています。

決勝戦はもとより他の試合においても、スポーツマンシップに欠けた行為や大会関係者、審判員、他のプレイヤー、観客などに対してあるまじき行為をしたプレイヤーとそのチームは大会から退場となります。この失格したチームは、成績が認められなかったり、第38条の罰則が適用されることもあります。


第38条:悪質な言動
大会関係者、審判員、他のプレーヤー、観客などに対して無作法な言動や暴力行為を行ったプレーヤーは、その悪質な言動の重大さに応じて、次の一つ または複数の罰則が適用されます。
1)大会からの退場
2)ライセンスの取消し
3)賞品・賞金などの没収または返還

当該プレーヤーに科される罰則はそのチームメイトにも適用されることがあります。
上記の1)と2)は審判員により科されます。
上記の3)は、大会運営委員会が科します。同委員会は48時間以内に報告書を添えて没収または返還された賞金などを、その使途を決定する上部組織に送ります。

いずれの場合も、上部組織の理事会が最終的な裁定を下します。

プレーヤーにはきちんとした服装が求められます(上半身が裸や、裸足は認められません)。審判員の警告の後も、このルールを守らないプレーヤーは退場処分とされることがあります。


第39条:審判員の義務
審判員は、大会が円滑に運営されるために、競技規則及び管理規則の厳正な適用を監視する任務を負います。審判員は、判定に従わないプレーヤーまたはチームを大会から退場させる権限を持ちます。

観戦していたライセンス所有者またはライセンス停止中の者が、テラン上での紛糾の原因となっている場合、審判員は上部組織にその件を報告します。上部組織は、過失を犯した者を、罰則の種類を決定する規律委員会の前に召喚します。

第40条:競技委員会の構成と決定
競技規則に定めらていない事項は、すべて審判員の判定に委ねられます。審判員は判定にあたって競技委員会に助言を求めることができます。競技委員会は3名以上5名以下の委員により構成されます。
競技委員会が決定した判断には一切抗議できなません。競技委員会の中で意見が別れた場合は、競技委員会委員長が最終決定をします。


ペタンクやりませんか

サイトマップ

有限会社S&L ペタンク用品販売