◆Bill Evans/At Town Hall◆

●このCDの詳細&購入⇒アット・タウン・ホール




●amazon.co.jpでショッピング情報を見る
Bill Evans

1.I Should Care
2.Spring Is Here 
3.Make Someone Happy
4.Prologue/Story Line/Turn Out the Stars/Epilogue
5.In Memory of His Father Harry L. Evans
6.Beautiful Love
7.My Foolish Heart
8.One for Helen
Recorded Live February 21,1966,At Town Hall,N.Y.C.


●ユニバーサル/Verve/UCCU-5100
●Musicians
P.Bill Evans
B.Chuck Israels
Ds.Arnold Wise

●コメント●

<アルバムについて>
 1966年、Evans〜Israel〜BunkerというBill Evansセカンド・トリオとしては最終盤の時期におけるライヴ作品。Evansトリオの中では比較的地味な印象の強いこのセカンド・トリオではあるが、このトリオとしては最高の完成度、成熟度を発揮した名演と言っていいと思う。Israel〜BunkerのコンビもLafaro〜Motianの1stトリオに較べると幾分小粒な感じもするが、足掛け4年近くEvansと演奏活動を共にすることによってEvansが何を求めどの様なアプローチをしたいのかを理解し、スWヒング感、ダイナミクス等々絶妙の呼吸で応じており、非常にクオリティの高いトリオ演奏を実現している。
 オープニング冒頭から軽快にスウィングする演奏、Evans特有の瑞々しい叙情性をたたえるバラード・ナンバーをバランス良く配した演奏内容に思わず引き込まれてしまう。5のソロ・ピアノによるメドレーは、このコンサートを前に他界した父に捧げた演奏とのことで、この時期のライヴ・アルバムにソロ・ピアノ演奏が収録されているのは非常に珍しい。そしてEvansトリオの真骨頂はメンバー三人のソロや掛合いもふんだんに織り込んだ終盤の3曲だ。ミディアム・テンポの軽快にスウィングする演奏ではとりわけトリオの呼吸の合った絶妙の一体感が感じられ、このトリオ特有の安定感に加え、適度なスリル、昂揚感をももたらしている。特に柔らかい微妙なアクセント変化に至るまで呼吸の合ったプレイは、紛れもなくこの2ndトリオの管制系と言っていいものだろう。

<ベスト・トラック>
 ソロ・ピアノ演奏でのEvansのピアノを自在にコントロールする巧みさも素晴らしいが、Evansトリオのレパートリー中でも屈指の名曲6の演奏はまさに圧巻!確か1stトリオでもBirdlandでのセッションで演奏していた様に記憶しているが、楽曲の良さを更に引き立てるアレンジの妙といい、メンバー間のインタープレイ、そしてそれぞれのインプロヴィゼーションといい、私の効いた範囲でのこのトリオの演奏の中でもベストに挙げたい一曲だ。

<評価>
 ★★★★


Back To ToppageLive Albums(2)