高富藩

本庄家

加増 1万石
譜代 菊間 陣屋

高富藩は五代将軍綱吉取り立ての比較的新しい藩。

綱吉の小姓で4千石を得ていた本庄道章が6千石を加増されて万石に達し、諸侯に列した。

藩領は美濃に7千石、下野に3千石だったという。

本庄道章の祖父本庄道芳は綱吉の母の桂昌院の兄で、本庄道章にとっては桂昌院は大叔母にあたる。その引きもあって、大名に取りたてられた。

丹後宮津藩の本庄家の方が家格が上で、しかもこちらは新出来なので、高富藩は宮津藩の支藩という感じだが、家系から言うと、本庄宗正には3人の子があり長男がこの本庄家の祖である本庄道芳、2番目が桂昌院、3番目の弟が宮津藩の本庄家の祖、本庄宗資なので、高富藩の方が宗家とも言える。

代々の藩主は実子に恵まれず、過半は他家からの養子であった。

定府で、参勤交代はしなかった。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本庄道章(みちあきら)

従五位下 宮内少輔
本庄道高の子

二代

本庄道矩(みちのり)

従五位下 大和守
本庄道章の子

三代

本庄道倫(みちとも)

従五位下 和泉守
旗本松平登之助信晴の子

四代

本庄道堅(みちかた)

従五位下 大和守
信濃小諸藩主牧野康周の二男

五代

本庄道信(みちのぶ)

従五位下 大和守
三河吉田藩主松平(大河内・長沢)信復の弟松平正温の二男

六代

本庄道揚(みちあき)

従五位下 山城守
三河吉田藩主松平(大河内・長沢)信復の子

七代

本庄道利(みちとし)

従五位下 甲斐守
松平対馬守信直の二男

八代

本庄道昌(みちまさ)

従五位下 式部少輔
本庄道利の子

九代

本庄道貫(みちつら)

従五位下 伊勢守
上野吉井藩主松平(鷹司)信明の子

十代

本庄道美(みちよし)

従五位下 宮内少輔
本庄道貫の子

美濃の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.