高須藩

徳永家→天領→小笠原家→天領→松平(尾張)家

関ヶ原の時、美濃高須城は西軍の高木盛兼の居城だったが、隣の松ノ木城の徳永寿昌は東軍について高須城を攻め取り、そのまま、軍功として高須城を居城に5万石を与えられる。
二代徳永昌重の時に大坂城改築の懈怠を咎められて改易。

しばらく幕領となる。

小笠原貞信が下総関宿から2万2千石で入るが、水害の多さのため願い出て越前勝山に移る。

またしばらく幕領となるが、尾張徳川家二代藩主光友は二男の松平義行を別家し、信濃伊奈・高井・水内三郡で3万石の新知を得た。このうち高井郡、水内郡の領地を美濃石津郡、海西郡のうち1万5千石と交換されたため、美濃高須に居所を定め、尾張連枝親藩としての高須藩が成立する。

尾張初代の義直は子弟の分封に反対だったが、二代光友は二十一人の子があったこともあり、宗家領分の外に新知を得て、分家を創出していく。

松平義行は父徳川光友の没後、宗藩の藩主が頻繁に交代するが、それらを良く輔弼した。

高須松平家からは度々宗家尾張藩へ藩主を出し、なかでも十代の義建は、本人は凡庸だったようだが、二男が尾張藩主徳川慶勝、三男が石見浜田藩主松平武茂に、五男義比は高須藩主となったのち尾張宗家を継いで尾張茂徳となりさらに一橋茂栄となり、七男が会津藩主松平容保、九男は伊勢桑名藩主松平定敬に、十男義勇が高須藩主となっており、水戸斉昭の子供たちと同様に幕末史に欠く事が出来ない人物たちを出している。


歴代藩主

徳永家

5万石  
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

徳永寿昌(ながまさ)

石見守
徳永昌利の子

二代

徳永昌重(まさしげ)

従五位下 左馬介
徳永寿昌の長男

改易

<天領>

小笠原家

下総関宿より 2万2千石  
譜代 帝鑑間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

小笠原貞信(さだのぶ)

従五位下 土佐守
旗本高松貞勝の長男、母は小笠原信之の娘

越前勝山へ

<天領>

松平(尾張)家

信濃のうちより 3万石  
親藩 大広間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(尾張)義行(よしゆき)

従五位下 摂津守
尾張藩主徳川光友の二男

二代

松平(尾張)義孝(よしたか)

従四位下 摂津守 少将
尾張藩主徳川綱誠の二男

三代

松平(尾張)義淳(よしあつ)

従四位下 左近衛権少将
徳川光友の四男川田久保家松平但馬守友著の長男。 尾張宗家を継ぎ、徳川宗勝となる。

四代

松平(尾張)義敏(よしとし)

従四位下 中務大輔
松平(尾張)義淳の二男

五代

松平(尾張)義柄(よしとも)

従四位下 摂津守 侍従
松平(尾張)義敏の長男。尾張徳川宗勝の養子となり、徳川治行となる。

六代

松平(尾張)義裕(よしひろ)

従四位下 摂津守 侍従
松平(尾張)義敏の二男

七代

松平(尾張)義当(よしまさ)

従四位下 弾正大弼
尾張藩主徳川宗睦の子

八代

松平(尾張)義居(よしすえ)

従四位下 左少将 侍従
御三卿、徳川(一橋)治済(はるさだ)の七男

九代

松平(尾張)義和(よしより)

従四位下 左近衛権少将 中務大輔
水戸藩主徳川治保の二男

十代

松平(尾張)義建(よしたつ)

従四位下 左少将
松平(尾張)義和の二男

十一代

松平(尾張)義比(よしちか)

従四位下 左近衛権少将
松平(尾張)義建の五男。尾張宗家を継ぎ徳川茂徳となる。

十二代

松平(尾張)義端(よしまさ)

なし
松平(尾張)義比の子

十三代

松平(尾張)義勇(よしたけ)

従五位
松平(尾張)義建の十男

十四代

松平(尾張)義生(よしなり)
  丹波園部藩主小出英教の二男

美濃の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.