田原藩

戸田家→三宅家

戸田尊次が関ヶ原の功で1万石で入って、立藩。忠能、忠治と継いで、肥後天草富岡へ。

三河挙母より三宅康勝が1万2千石を領した。

東海の諸藩の中では珍しいが、以後、三宅家、一家支配で十二代在封した。

11代三宅康直の時には渡辺登(崋山)を家老に登用し、藩政改革を行った。



歴代藩主

戸田家

加増 1万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

戸田尊次(たかつぐ)

従五位下 土佐頭
戸田忠次の長男

二代

戸田忠能(ただよし)

従五位下 因幡守
戸田尊次の長男

三代

戸田忠治(ただはる)
のち忠昌(ただまさ)

従四位下 山城守 侍従
戸田尊次の二男戸田忠継の長男

肥後天草富岡へ
摂津河内のうちへ
さらに武蔵岩槻

三宅家

三河挙母より 1万2千石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

三宅康勝(やすかつ)

従五位下 能登守
三宅康盛の長男

二代

三宅康雄(やすお)

従五位下 備前守
三宅康勝の長男

三代

三宅康徳(やすのり)

従五位下 備後守
三宅康雄の二男

四代

三宅康高(やすたか)

従五位下 備前守
三宅康徳の二男

五代

三宅康之(やすゆき)

従五位下 備後守
三宅康雄の三男豊後府内藩主松平(大給)近貞の二男

六代

三宅康武(やすたけ)

従五位下 備前守
三宅康之の四男

七代

三宅康邦(やすくに)

従五位下 能登守
三宅康之の五男

八代

三宅康友(やすとも)

従五位下 備前守
四代三宅康高の四男だが三宅康之の六男として届け出

九代

三宅康和(やすかず)

従五位下 対馬守
三宅康友の二男

十代

三宅康明(やすてる)

従五位下 備前守
三宅康友の三男

十一代

三宅康直(やすなお)

従四位 土佐守
播磨姫路藩主酒井忠実の九男

十二代

三宅康保(やすよし)

従五位下 備前守
三宅康明の弟三宅友信の長男

三河の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.