相良藩

天領→掛川藩領→本多家→板倉家→本多家→田沼家→天領→田沼家

江戸時代前期は、相良の地は天領、掛川藩領などであったが、三河伊保で1万5千石を領していた本多忠晴が領地を遠江に移され、相良を居所としたことで相良藩が成立する。
三代継いで陸奥泉へ。

同地陸奥泉より板倉勝清が1万5千石で入り、城を建設しようと準備するが、上野安中へ。

三河挙母より本多忠央が入るが、美濃郡上八幡の金森頼錦が領内一揆に至る不行届きを咎められて改易になった「宝暦騒動」で、忠央は頼錦と義兄弟だったため連座改易となる。

替わって、元々紀伊和歌山藩士で、吉宗に家重の傅役に付けられたご存知田沼意次が、相模のうちから1万石で相良に入り、家重〜家治の「田沼時代」の間に5千石、5千石、5千石、5千石、7千石、1万石と加増を受け、5万7千石までになる。
意次は相良に城を普請した。

意次の子の田沼意知は、世子の身で幕閣への親子相勤めは大変異例だが、若年寄になっていた。
この意知が江戸城中で、旗本佐野善左衛門政言(まさこと)に斬られて落命する事件が起きる。
佐野政言は田沼政権下での立身を願い、系図の明らかでない田沼意次に、自分の佐野家の系図に手を加えて、田沼家が佐野家の庶流であるように改ざんを申し出て恩を売ろうとする。(佐野家は下野佐野の豪族で、「田沼」もその近くの地名で、田沼家も下野田沼の出と言われていた。)
しかし、もともと出自などに全く拘泥のない意次は、佐野の申し出を政務多忙もあって放置する。
これを、佐野政言は系図改ざんまで申し出た自分の好意を無にしたと逆恨みし、ついに子の意知に斬りつけるのである。

この意知の城中刃傷落命をきっかけに、意次は失脚、隠居謹慎となり、2万石を減封の上、意明に家督を譲る。さらに2万7千石を減らされ、嫡孫意明は1万石で陸奥下村に転封となり、相良城も破却される。

この後、相良は代官支配となるが、意次の二男田沼意正が陸奥下村から、旧領に1万石で復帰を許される。意正は意次の二男ではあるが、意明の後の陸奥下村藩は意知二男の意壱(おきかず)、意知四男の意信(おきのぶ)、意次の甥、意定と継いでいて、意次と意正の間には四代あって、いずれも短命だった。意正からみると甥二人、従兄弟一人の後を継いでの藩主就任である。
城は破却されていたので、陣屋だが、以降、田沼家の支配で、三代継いで明治を廃藩を迎える。


歴代藩主

<天領・掛川藩領など>

本多家

三河伊保より 1万5千石  
譜代 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠晴(ただはる)

従五位下 弾正少弼
本多忠義の四男

二代

本多忠通(ただみち)

従五位下 弾正少弼
本多忠晴の嫡子本多忠直の二男。父本多忠直が大和郡山本多忠常の養子となったため、祖父を継ぐ。

三代

本多忠如(ただゆき)

従五位下 越中守
大和郡山藩主本多忠直の三男として生まれ、次兄の本多忠通が相良藩主に入ったが17歳で没したため、兄の後を嗣ぐ。

陸奥泉へ

板倉家

陸奥泉より 1万5千石→2万石  
譜代 雁間 陣屋(城主格)


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

板倉勝清(かつきよ)

従四位下 佐渡守 侍従
板倉重同の長男

上野安中へ

本多家

三河挙母より 1万石  
譜代 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠央(ただなか)

従五位下 長門守
本多忠次の長男

改易

田沼家

加増 1万石→1万5千石→2万石→2万5千石→3万石→4万7千石→5万7千石→3万7千石→1万石
譜代 菊間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

田沼意次(おきつぐ)

従四位下 主殿頭 侍従
田沼意行(もとゆき)の嫡子

二代

田沼意明(おきあき)

従五位下 下野守
旗本6千石戸田重恒の二男

陸奥下村へ

<天領>

田沼家

陸奥下村より 1万石
譜代 菊間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

田沼意正(おきまさ)

従四位下 玄蕃頭
田沼意次の二男 水野忠友の養子になっていたが、意次失脚で実家に戻されていた。

二代

田沼意留(おきとめ)

従五位下 備前守
田沼意正の嫡子

三代

田沼意尊(おきたか)

従五位下 玄蕃頭
田沼意留の嫡子

遠江の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.