尾張藩名古屋城の写真へ All photo by ken究所長

徳川(尾張)家

甲斐府中(甲府)より 61万9千石  
親藩御三家 大廊下 国主

このホームページでは城地の地名を藩名とする原則で、長州藩とせず萩藩、薩摩藩とせず鹿児島藩と表示しようとしているが、尾張藩だけはなじまないので、敢えて名古屋藩とせず、尾張藩とした。

清洲の福島正則が安芸広島へ移った後、家康は四男松平忠吉を清洲に入れるが、忠吉が亡くなり、家康の九男、徳川義直が甲斐府中から入って、新たに名古屋に城地を定める。しかし当時義直は8歳に過ぎず、駿府の家康の元にあった。

豊臣恩顧大名の手伝い普請で、名古屋城と城下町の整備ができ、義直も入封する。

当初は石高が確定していなかったが、尾張一国のほか、美濃、三河、近江、摂津合せて61万9千石と定められた。木曽の山林も尾張藩の領するところと定められ、換算すると7万3千余石というが、米収ではないので、表高には含まれていない。

御三家筆頭の尾張藩であったが、結局将軍を輩出することなく終わった。
重要な時に短命の藩主が続いたりしたためである。

八代徳川宗春は将軍吉宗の質素倹約政策のもと、積極経済を展開、名古屋城下は一時の繁栄を見せるが、やがて奔放政策は藩財政を圧迫、附け家老の竹腰正武が吉宗に接近するに至って、宗春は失脚、隠居謹慎を命じられる。

十代斉朝は一橋家から入って、義直の血統は絶える。この後、藩内は派閥争いが表面化し、成瀬、竹腰の両附け家老や、江戸・国許の対立など、軋轢を抱えたまま、幕末動乱期に突入する。

支藩の高須藩から入った慶勝は難局の中、尾張藩の舵取りを行い、長州征伐の総督に祭り上げられたり、謹慎隠居を命じられたり、と翻弄される。慶勝については、城山三郎氏の「冬の派閥」(新潮文庫)をお読みいただくと、慶喜の影にあって地味な義勝を視点にした維新史が新鮮で面白い。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

徳川(尾張)義直(よしなお)

従二位 権大納言
徳川家康の九男

二代

徳川(尾張)光友(みつとも)

従二位 権大納言
徳川(尾張)義直の長男

三代

徳川(尾張)綱誠(つななり)

従三位 権中納言
徳川(尾張)光友の長男

四代

徳川(尾張)吉通(よしみち)

従三位 権中納言
徳川(尾張)綱誠の九男

五代

徳川(尾張)五郎太(ごろうた)

生前はなし 贈従三位
徳川(尾張)吉通の長男

六代

徳川(尾張)継友(つぐとも)

従三位 権中納言
徳川(尾張)綱誠の十一男、十三男とも

七代

徳川(尾張)宗春(むねはる)

従三位 権中納言
徳川(尾張)綱誠の十九男、二十男とも

八代

徳川(尾張)宗勝(むねかつ)

従三位 権中納言
徳川光友の四男川田久保家松平但馬守友著の長男。美濃高須藩主松平義淳となり、さらに尾張宗家を継ぐ。

九代

徳川(尾張)宗睦(むねちか)

従二位 権大納言
徳川(尾張)宗勝の二男

十代

徳川(尾張)斉朝(なりとも)

正二位 権大納言
徳川(一橋)治済(はるさだ)の三男一橋治国の長男。(一橋治国は将軍家斉の弟)

十一代

徳川(尾張)斉温(なりはる)

従二位 権大納言
十一代将軍徳川家斉の十九男

十二代

徳川(尾張)斉荘(なりたか)

従二位 権大納言
将軍徳川家斉の十四男 御三卿田安家を継ぎ田安斉荘となるが、尾張藩主に。

十三代

徳川(尾張)慶臧(よしつぐ)

従三位 権中納言
徳川(田安)斉匡の七男

十四代

徳川(尾張)慶勝(よしかつ)

従二位 権大納言
美濃高須藩主松平(尾張)義建の二男

十五代

徳川(尾張)茂徳(もちなが)

従二位 権大納言
美濃高須藩主松平(尾張)義建の五男 初め美濃高須藩主松平義比となり、尾張宗家を継ぎ、隠居後さらに一橋家を継ぎ一橋茂栄となる

十六代

徳川(尾張)義宜(よしのり)

従三位 左近衛権中将
徳川(尾張)慶勝の三男

十七代(再勤)

徳川(尾張)慶勝(よしかつ)

従二位 権大納言
美濃高須藩主松平(尾張)義建の二男

尾張の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.