小島藩

松平(滝脇)家

加増 1万石  
譜代 菊間 陣屋

小島藩も比較的新しい藩だが、6千石の旗本だった松平(滝脇)信孝が若年寄になって4千石加増されて、諸侯に列した。次ぎの信治のときに領地が駿河国に集められたので、小島に居所を定めた。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(滝脇)信孝(のぶたか)

従五位下 但馬守
丹波篠山藩主松平(形原)典信(すけのぶ)二男で、松平(滝脇)重信の嗣となる。

二代

松平(滝脇)信治(のぶはる)

従五位下 下野守
旗本6千石戸田重恒の二男

三代

松平(滝脇)信嵩(のぶたか)

従五位下 安房守
丹波篠山藩主松平(形原)信庸の六男

四代

松平(滝脇)昌信(まさのぶ)

従五位下 安房守
松平(滝脇)信嵩の長男

五代

松平(滝脇)信義(のぶのり)

従五位下 丹波守
越後村松藩主堀長尭の三男 松平昌信の女婿となる。

六代

松平(滝脇)信圭(のぶかど)

従五位下 安房守
松平(滝脇)信義の長男

七代

松平(滝脇)信友(のぶとも)

従五位下 丹後守
松平(滝脇)信圭の長男

八代

松平(滝脇)信賢(のぶます)

従五位下 丹後守
丹波亀山藩主松平(形原)信志の六男、松平信豪の弟。松平信友の女婿となる。

九代

松平(滝脇)信進(のぶゆき)

従五位下 丹後守
出雲松江藩主松平(越前)斉恒の二男

十代

松平(滝脇)信書(のぶふみ)

従五位下 丹後守
七代松平(滝脇)信友の二男

十一代

松平(滝脇)信敏(のぶとし)

従五位下 丹後守
信濃高遠藩主内藤頼寧の四男

駿河の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.