大給藩−奥殿藩

松平(大給)家

加増 1万6千石
譜代 菊間 陣屋

この藩は幕末に自領内ながら、信濃の田野口に居所移転するので、幕末基準で列藩をリスト化すると漏れる。

しかし、ほとんど江戸期を通じて存在した藩なので、立項します。

三河大給は大給松平家の故地だが、関ヶ原後、大給松平乗次は6千石の旗本であったが大坂定番となって、1万石を加増されて1万6千石となって、諸侯に列した。

二代あとの乗真のときに、居所を三河奥殿に移すが、藩領内の居所移転なので、継続して掲載した。

最後の藩主松平(大給)乗謨は老中格陸軍総裁となって、洋式の軍制改革を実施し、これも領内であった信濃田野口に、洋式築城術による五稜郭形式の竜岡城を作って移転するが、完全な完成を見ないうちに明治を迎えてしまう。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(大給)乗次(のりつぐ)

従五位下 縫殿頭
松平(大給)直次の二男

二代

松平(大給)乗成(のりなり)

従五位下 縫殿頭
松平(大給)乗次の長男

三代

松平(大給)乗真(のりざね)

従五位下 縫殿頭
本多正種の二男
ここから、奥殿藩

四代

松平(大給)盈乗(みつのり)

従五位下 縫殿頭
松平(大給)乗真の長男

五代

松平(大給)乗隠(のりやす)

従五位下 石見守
松平(大給)盈乗の長男

六代

松平(大給)乗友(のりとも)

従五位下 兵部少輔
松平(大給)乗隠の二男

七代

松平(大給)乗尹(のりただ)

従五位下 主水正
松平(大給)乗隠の四男

八代

松平(大給)乗羨(のりよし)

従五位下 縫殿頭
松平(大給)乗友の二男

九代

松平(大給)乗利(のりとし)

従五位下 石見守
松平(大給)乗羨の長男

十代

松平(大給)乗謨(のりかた)

正四位下 縫殿頭
松平(大給)乗利の二男

信濃田野口へ

三河の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る