沼津藩

水野家

信濃松本から減封7千石、後加増新知 2万石→3万石→5万石  
譜代 帝鑑間 城主

信濃松本藩主だった水野忠恒は、江戸城中で、長府藩世子毛利師就に刃傷に及んで、改易となったが、忠恒の叔父、水野忠穀(ただよし)に家名存続が許され、7千石の旗本となった。

忠穀の子水野忠友は、家重の側衆(田沼意次の相役)となり、家重の将軍就任に伴って、田沼意次に寄り添うように出世し、7千石加増で、1万4千石、沼津に城地を得る。田沼政権下で老中になり、加増を重ね、3万石となった。

次ぎの水野忠成(ただあきら)も老中首座となって、将軍家斉の56人の子供たちの縁組に奔走し、1万石、次いでさらに1万石の加増を受け、5万石となった。

松本7万石の旧禄までは届かないものの、城中刃傷改易から、よくここまで家禄を戻したものである。田沼失脚時も減封がなかったのは、やはり家柄ゆえか。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

水野忠友(ただとも)

従四位下 出羽守 侍従
信濃松本藩主水野忠恒改易のあと、家名存続を許された叔父の水野忠穀7千石の長男

二代

水野忠成(ただあきら)

従四位下 出羽守 侍従
旗本岡野肥前守知暁(ともさと)の二男

三代

水野忠義(ただよし)

従四位下 出羽守
水野忠成の長男

四代

水野忠武(ただたけ)

従五位下 出羽守
水野忠義の二男

五代

水野忠良(ただよし)

従五位下 出羽守
水野忠義の五男

六代

水野忠寛(ただひろ)

従四位下 出羽守
分家水野忠紹(ただつぐ)長男

七代

水野忠誠(ただのぶ)

従四位下 出羽守
三河岡崎藩主本多忠考(ただたか)の四男

八代

水野忠敬(ただのり)

従三位 出羽守
分家水野忠明の二男

駿河の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.