西大平藩

大岡家

加増 1万石  
譜代 菊間 陣屋

ご存知、大岡越前〜忠相は吉宗政権下で、江戸町奉行を19年の長きにわたって勤め、さらに寺社奉行、奏者番となって、吉宗の政治を助けた。その長年の功で、6千石ほどであった家禄に4千石あまりを加増されて、万石に達して大名となり、三河西大平に立藩した。
この時、忠相72歳。75歳で亡くなっているので、大名としては3年あまりで、忠相本人は西大平には一度も足を踏み入れることはなかった。
太平の元禄の世で、いわゆる君側の近臣でない現場の官僚が、大名に取りたてられたのは大変異例とも考えられ、忠相に対する吉宗の信任が伺われる。

以降の藩主も西大平藩は基本的に定府だったようである。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

大岡忠相(ただすけ)

従五位下 越前守
旗本1700石大岡忠高の四男で、一門旗本1920石大岡忠真の養子となる。

二代

大岡忠宜(ただよし)

従五位下 越前守
大岡忠相の二男

三代

大岡忠恒(ただつね)

従五位下 越前守
大岡忠宜の二男

四代

大岡忠與(ただとも)

従五位下 越前守
播磨安志藩主小笠原信濃長逵の三男

五代

大岡忠移(ただより)

従五位下 越前守
大岡忠恒の三男

六代

大岡忠愛(ただよし)

従五位下 越前守
大岡忠移の長男

七代

大岡忠敬(ただたか)

従五位下 越前守
大岡忠移の五男

三河の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.