苗木藩

遠山家

新知 1万石
外様(譜代格) 柳間 城主

美濃苗木藩は非常にユニークな藩である。

遠山家は戦国期、この美濃苗木に割拠する勢力であった。美濃斉藤氏の勢力伸張に伴い、斎藤家の傘下に入る。
織田家支配を経て、秀吉の時代に、遠山友政は、美濃兼山城主であった森長可に付属するよう命じられ、苗木城を出るよう命じられるが、これに承諾せず、郎党を引き連れ、苗木城を退去してしまう。

秀吉は川尻直次を苗木に入れる。
遠山友政は家康のバックアップはあったのものの、失領した浪人状態で関ヶ原を迎え、川尻直次が出陣中の留守城の苗木城をわずかな手勢で奪い、そのまま功として苗木城を賜る。

その後、1万石の少禄とはいえ、江戸時代を通じて、中世以来の古城に拠り、封を守る。

大名は鉢植えという徳川幕府の大名政策の中で、武力で城を取り、そのまま中世以来の城を、明治まで領有を全うできたことは珍しい。

石高1万石で城主大名というのも、この苗木藩の遠山家だけ。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

遠山友政(ともまさ)

不祥
遠山友忠の子

二代

遠山秀友(ひでとも)

刑部少輔
遠山友政の長男

三代

遠山友貞(ともさだ)

従五位下 信濃守
遠山秀友の長男

四代

遠山友春(ともまさ)

従五位下 和泉守
遠山友貞の長男

五代

遠山友由(ともよし)

従五位下 伊予守
遠山友春の二男

六代

遠山友将(ともまさ)

従五位下 豊前守
遠山友由の長男

七代

遠山友央(ともなか)

従五位下 和泉守
四代遠山友春の三男

八代

遠山友明(ともあき)

従五位下 丹後守
松平頼明の三男

九代

遠山友清(ともきよ)

従五位下 出羽守
遠山友央の二男

十代

遠山友随(ともより)

従五位下 近江守
遠山友明の長男

十一代

遠山友寿(ともひさ)

従五位下 美濃守
遠山友清の長男遠山友福(ともよし)の長男

十二代

遠山友詳(ともあき)
のち友禄(ともよし)

従五位下 美濃守
遠山友寿の三男

美濃の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.