挙母藩

三宅家→天領→三宅家→天領→本多家→内藤家

三宅康貞が武蔵のうちから、三河挙母、現在の豊田市に移り、挙母藩が成立。

康信が継いで、伊勢亀山に移り、廃藩となるが、康信の子の康盛が再び戻ってくる。
康勝に継いで、三河田原へ。

陸奥白河藩分家新田藩の本多忠利が1万石で入り、三代継いで、遠江相良へ。

上野安中より内藤政苗が2万石で入って、以降、内藤家の支配で明治に至る。

内藤家挙母藩も財政窮乏し、持参金を目当てに大藩から養子を迎えている。彦根藩から入った内藤政成は自身も持参金を持って入ったが、実子を12男もうけたにも関わらず、持参金を得るため、後継ぎにはまた彦根藩から自分の弟、政優を迎えたりしている。


歴代藩主

三宅家

武蔵のうちより 1万石  
譜代 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

三宅康貞(やすさだ)

なし
三宅政貞の長男

二代

三宅康信(やすのぶ)

従五位下 越後守
三宅康貞の長男

伊勢亀山へ

<天領>

三宅家

伊勢亀山より 1万石  
譜代 帝鑑間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

三宅康盛(やすもり)

従五位下 大膳亮
三宅康信の子

二代

三宅康勝(やすかつ)

従五位下 能登守
三宅康盛の長男

三河田原へ

<天領>

本多家

陸奥白河新田より 1万石  
譜代 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠利(ただとし)

従五位下 山城守
本多忠義の二男

二代

本多忠次(ただつぐ)

従五位下 山城守
長門長府藩主毛利綱元の二男

三代

本多忠央(ただなか)

従五位下 長門守
本多忠次の長男

遠江相良へ

内藤家

上野安中より 2万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

内藤政苗(まさみつ)

従五位下 丹波守
内藤政里の長男

二代

内藤学文(さとぶみ)

従五位下 山城守
紀伊和歌山藩主徳川宗将の三男

三代

内藤政峻(まさみち)

従五位下 山城守
日向延岡藩主内藤政陽の三男

四代

内藤政成(まさなり)

従五位下 山城守
近江彦根藩主井伊直中の五男

五代

内藤政優(まさひろ)

従五位下 丹波守
近江彦根藩主井伊直中の八男

六代

内藤政文(まさぶみ)

従五位下 山城守
彦根藩分家井伊中顕の三男

七代

内藤政成(まさなり)

従五位下 丹波守
内藤政文の長男

三河の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.