刈谷藩

水野家→水野家→松平(深溝)家→松平(久松)家→天領→稲垣家→阿部家→本多家→三浦家→土井家

三河刈谷藩も藩主家の交代の非常に激しい藩である。

刈谷は戦国期には家康の母の実家水野家にの支配する城地であった。

家康の母於大の方の父、水野忠政の時に刈谷に築城、二代のちの水野忠重は秀吉によって伊勢神戸に移されたが、のち刈谷に戻された。忠重の子水野勝成が3万石で徳川幕藩としての祖となる。

水野勝成は大和郡山へ。

上野小幡より、水野勝成の弟、水野忠清が2万石で入り、三河吉田へ。

三河吉田より、松平(深溝)忠房が3万石で入って、丹波福知山へ。

伊勢桑名藩主の松平(久松)定勝の六男、松平(久松)定政が2万石で入るが、彼は天下に改易浪人が満ち、旗本御家人の窮乏もただならぬ、と幕政批判の上申書を提出し、たった2万石ではあるが、自分の刈谷2万石を返上し、窮乏する旗本御家人に分け与えて欲しい、と言って、頭を剃って托鉢坊主となり、子の定知とともに、江戸市中を托鉢して回りだす。

松平(久松)定政の批判は、趣旨としては、のちの由比正雪の乱の起こるを予見し、幕政の矛盾の実態を鋭く突いたものであったが、家康の異父弟に繋がる藩主自らがこのような行動に出られては、幕府としては、この托鉢坊主を放置するわけにはいかず、定行の行動を「狂気」として、改易とし、宗家の伊予松山藩主松平(久松)定行に預けられた。

天領を経て、越後三条から稲垣重綱が2万3千石で入り、三代継いで、上総大多喜へ。

上総大多喜より、阿部正春が1万6千石で入り、正鎮に継いで、上総佐貫へ。

越後村上より、本多忠良が5万石で入り、下総古河へ。

日向延岡より、三浦明敬が2万3千石で入り、三代継いで、三河西尾へ。

三河西尾より、土井利信が2万3千石で入って、藩主家は定着、以降九代にわたって、明治となる。


歴代藩主

水野家

新知 3万石  
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

水野勝成(かつなり)

従五位下 日向守
水野忠重の長男

大和郡山へ

水野家

上野小幡より 2万石  
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

水野忠清(ただきよ)

従五位下 隼人正
水野忠重の四男

三河吉田へ

松平(深溝)家

三河吉田より 3万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(深溝)忠房(ただふさ)

従五位下 主殿頭
松平(深溝)忠利の長男

丹波福知山へ

松平(久松)家

加増新知 2万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)定政(さだまさ)

従五位下 能登守
松平(久松)定勝の六男

改易

稲垣家

上野伊勢崎〜越後三条より 2万3千石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

稲垣重綱(しげつな)

従五位下 摂津守
稲垣長茂の長男

二代

稲垣重昭(しげあき)

従五位下 信濃守
稲垣重綱の長男稲垣重昌の長男
三代

稲垣重富(しげとみ)

従五位下 和泉守
稲垣重昭の長男

上総大多喜へ

阿部家

上総大多喜より 1万6千石  
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

阿部正春(まさはる)

従五位下 伊予守
阿部重次の二男

二代

阿部正鎮(まさたね)

従五位下 因幡守
阿部正春の六男

上総佐貫へ

本多家

越後村上より 5万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠良(ただよし)

従四位下 中務大輔 侍従
播磨山崎藩主本多肥後守忠英の長男

下総古河へ

三浦家

日向延岡より 2万3千石  
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

三浦明敬(あきひろ)

従五位下 壱岐守
三浦安次の長男

二代

三浦明喬(あきたか)

従五位下 壱岐守
三浦明敬の三男

三代

三浦義理(よしさと)

従五位下 志摩守
三浦明喬の五男

三河西尾へ

土井家

三河西尾より 2万3千石  
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

土井利信(としのぶ)

従五位下 伊予守
土井利庸の長男

二代

土井利徳(としなり)

従五位下 山城守
陸奥仙台藩主伊達宗村の三男

三代

土井利制(としのり)

従五位下 兵庫頭
土井利徳の長男

四代

土井利謙(としかた)

従五位下 伊予守
土井利徳の二男

五代

土井利以(としもち)

従五位下 淡路守
土井利徳の五男

六代

土井利行(としひら)

従五位下 大隈守
土井利以の二男

七代

土井利祐(としすけ)

従五位下 淡路守
下野佐野藩主堀田正衡の二男

八代

土井利善(としよし)

従五位下 大隈守
遠江浜松藩主井上正甫の七男

九代

土井利教(としのり)

従五位下 淡路守
播磨林田藩主建部政醇の四男

三河の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る

.