加納藩

奥平家→大久保家→松平(戸田)家→安藤家→永井家

関ヶ原が終わると、家康は岐阜城の廃城を決め、替わって加納に城を築き、奥平信昌を10万石で入れる。

奥平信昌の三男忠政は菅沼家に入っていたが、実父の奥平信昌を継いで、加納藩主となる。
忠隆に継ぐが、嗣子無く絶家。

武蔵騎西より、大久保忠職が7万石で入って、播磨明石へ。

播磨明石より、戸田光重が7万石で入り、三代継いで、山城淀へ。

備中松山より、安藤信友が6万5千石で入って、三代継いで、磐城平へ。

武蔵岩槻より、永井直陳が3万2千石で入って、以降は永井家の支配となる。


歴代藩主

奥平家

上野のうちより 10万石  
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

奥平信昌(のぶまさ)

従五位下 美作守
奥平貞能の子

二代

松平(菅沼・奥平)忠政(ただまさ)

従四位下 摂津守 侍従
奥平信昌の三男

三代

松平(奥平)忠隆(ただたか)

従五位下 飛騨守
松平(菅沼・奥平)忠政の長男

無嗣改易

大久保家

武蔵騎西より 7万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

大久保忠職(ただもと)

従五位下 加賀守
大久保忠常の長男

播磨明石へ

松平(戸田)家

播磨明石より 7万石  
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(戸田)光重(みつしげ)

従五位下 丹波守
松平(戸田)忠光の子

二代

松平(戸田)光永(みつなが)

従四位下 丹波守
松平(戸田)光重の長男

三代

松平(戸田)光煕(みつひろ)

従五位下 河内守
松平(戸田)光永の長男

山城淀へ

安藤家

備中松山より 6万5千石  
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

安藤信友(のぶとも)

従四位下 対馬守
安藤重博の長男

二代

安藤信尹(のぶただ)

従五位下 対馬守
安藤重常の子信周を継嗣としていたが先立ち、その安藤信周の長男

三代

安藤信成(のぶなり)

従四位下 対馬守 侍従
安藤信尹の長男

陸奥磐城平へ

永井家

武蔵岩槻より 3万2千石  
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

永井直陳(なおのぶ)

従五位下 伊賀守
永井直敬の三男

二代

永井尚備(なおみつ)

従五位下 伊賀守
永井直敬五男の永井尚方の二男

三代

永井直旧(なおひさ)

従五位下 伊賀守
永井尚備の長男

四代

永井尚佐(なおすけ)

従五位下 肥前守
永井尚備の二男が太田主水正直熹となっていたがその二男

五代

永井尚典(なおのり)

従五位下 肥前守
永井尚佐の長男もしくは三男

六代

永井尚服(なおこと)

従五位下 肥前守
陸奥福島藩主板倉勝顕の弟

美濃の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.