掛川藩

松平(久松)家→駿府藩領→松平(久松)家→青山家→松平(桜井)家→本多家→松平(藤井)家→北条家→井伊家→松平(桜井)家→小笠原家→太田家

遠江掛川藩も、藩主家の交代が非常にはげしい。

関ヶ原の論功行賞の結果、山内一豊が土佐一国を与えられて、掛川を去ると、家康は異父弟の久松(松平)定勝を下総3千石から、3万石に抜擢して入れる。

後に紀伊家となる徳川頼宣が駿遠両国50万石を与えられると、当然掛川もその領内となり、久松松平家は伊勢桑名に移り、徳川頼宣の付け家老安藤直次が掛川に入る。

徳川頼宣が和歌山に移ると、常陸下妻より松平(久松)定勝の三男松平(久松)定綱が3万石で入るが、山城淀に。

徳川忠長が駿遠両国を与えられると、再びその領内になって、付け家老の朝倉宣正が入るが、忠長失脚で、除封。

常陸のうちより、青山幸成が入るが摂津尼崎へ。
駿河田中より、松平(桜井)忠重が入り、子の忠倶が信濃飯山へ。
摂津のうちから、本多忠義が入るが、越後村上へ。
駿河田中より、松平(藤井)忠晴が入って、丹波亀山へ。
駿河田中より、北条氏重が入るが嗣子無く改易。
三河西尾から、井伊直好が入って、直武、直朝と継いで、定着するかに思えたが、直朝が心身喪失して、家柄ゆえに除封をまぬかれ、井伊直矩を嗣子と認め、越後与板へ。

信濃飯山より、松平(桜井)忠喬が入るが摂津尼崎へ。
武蔵岩槻から小笠原長煕が入り、3代継ぐが、陸奥棚倉へ。
上野館林から、太田資俊が5万石で入ってようやく藩主家は定まり、7代継いで、戊辰戦争後での徳川宗家駿府移封まで続く。

太田家はご存知のように太田道灌資長の後裔だが、道灌資長の父、太田資清は関東管領扇ガ谷上杉家の家老となって、子の資長が江戸城を築いた。小田原後北条氏の伸張にともなって、道灌二男の孫、太田資正は佐竹氏と結んで、北条氏に対抗するが、嫡流の太田康資は北条傘下に入る。
小田原落城後、太田康資の子太田重政は家康に召し出された。
徳川譜代としては新参ではあったが、江戸城の故守としての家柄と、太田重政の妹が家康の愛妾お梶の方となったこともあり、重政の子の太田資宗は下総山川に1万5千石を与えられて、諸侯に列した。資宗はのち三河西尾を経て、遠江浜松に、その後、数代は各地を転々とするが、太田資俊が館林から掛川に入り、定着する。

太田家からは幕政の担当者を何人も出している。


歴代藩主

松平(久松)家

加増 1万石  
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)定勝(さだかつ)

従五位下 隠岐守
久松俊勝の四男

二代

松平(久松)定行(さだゆき)

従五位下 河内守
松平(久松)定勝の二男

山城のうち(伏見奉行)→伊勢桑名へ

<駿府藩領>

松平(久松)家

常陸下妻より 3万石  
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)定綱(さだつな)

従五位下 越中守
伊勢桑名藩主松平(久松)定勝の三男

山城淀へ

<駿府藩領>

青山家

常陸のうちより 2万6千石  
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

青山幸成(ゆきなり)

従五位下 大蔵少輔
青山忠成の四男

摂津尼崎へ

松平(桜井)家

駿河田中より 4万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(桜井)忠重(ただしげ)

従五位下 大膳亮
松平(桜井)忠頼の長男

二代

松平(桜井)忠倶(ただとも)

従五位下 遠江守
松平(桜井)忠重の長男

信濃飯山へ

本多家

摂津のうちより 7万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠義(ただよし)

従五位下 能登守
徳川四天王の一人本多忠勝の長男、播磨姫路藩主本多忠政の三男

越後村上へ

松平(藤井)家

駿河田中より 2万5千石  
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(藤井)忠晴(ただはる)

従五位下 伊賀守
松平信吉の二男

丹波亀山へ

北条家

駿河田中より 3万石  
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

北条氏重(うじしげ)

従五位下 出羽守
信濃高遠城主保科正直の四男、保科正光の弟

無嗣改易

井伊家

三河西尾より 3万5千石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

井伊直好(なおよし)

従五位下 兵部少輔
井伊直勝の長男

二代

井伊直武(なおたけ)

従五位下 伯耆守
井伊直好の長男

三代

井伊直朝(なおとも)

従五位下 兵部少輔
井伊直武の長男

四代

井伊直矩(なおのり)

従五位下 兵部少輔
宗家近江彦根藩主井伊直該の四男

井伊直朝失心により収公、越後与板に名跡取立

松平(桜井)家

信濃飯山より 4万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(桜井)忠喬(ただたか)

従五位下 遠江守
松平(桜井)忠倶の子忠継の二男

摂津尼崎へ

小笠原家

武蔵岩槻より 6万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

小笠原長煕(ながひろ)

従五位下 山城守
小笠原長重の二男

二代

小笠原長庸(ながつね)

従五位下 山城守
小笠原長丘(ながおか)の二男

三代

小笠原長恭(ながゆき)

従五位下 佐渡守
小笠原長庸の長男

陸奥棚倉へ

太田家

上野館林より 5万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

太田資俊(すけとし)

従五位下 摂津守
太田資晴の長男

二代

太田資愛(すけよし)

従四位下 備中守 侍従
太田資俊の二男

三代

太田資順(すけのぶ)

従五位下 摂津守
太田資愛の二男

四代

太田資言(すけとき)

従五位下 備後守
太田資愛の四男

五代

太田資始(すけもと)

従四位下 備後守 侍従
近江宮川藩主堀田正穀の三男。 資言の女婿となる

六代

太田資功(すけかつ)

従五位下 摂津守
太田資始の長男

七代

太田資美(すけよし)

従五位下 備中守
太田資功の四男

遠江の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.