(犬山藩)

成瀬家

下総栗原より 3万5千石 
譜代 無席 城主

尾張徳川家の附家老として、成瀬家が入封。

犬山城は最古の天守として国宝に指定されている。

明治元年、新政府によって、独立の藩とされ、立藩。徳川体制としては「藩」と数えないのが一般的である。


歴代藩主

 

藩主

初代

成瀬正成(まさなり)

二代

成瀬正虎(まさとら)

三代

成瀬正親(まさちか)

四代

成瀬正幸(まさゆき)

五代

成瀬正泰(まさもと)

六代

成瀬正典(まさのり)

七代

成瀬正壽(まさなが)

八代

成瀬正住(まさずみ)

九代

成瀬正肥(まさみつ)

尾張の諸藩に戻る

東海の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.