一橋家

甲斐・武蔵・下総・下野・和泉・播磨のうち、10万石


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

徳川(一橋)宗尹(むねただ)

従三位 参議 刑部卿
徳川吉宗の四男

二代

徳川(一橋)治済(はるさだ)

従一位 准大臣 民部卿
徳川(一橋)宗尹の四男

三代

徳川(一橋)斉敦(なりあつ)

従三位 参議 民部卿
徳川(一橋)治済の六男

四代

徳川(一橋)斉礼(なりのり)

従三位 参議 兵部卿
徳川(一橋)斉敦の長男

五代

徳川(一橋)斉位(なりくら)

従三位 参議 民部卿
徳川(田安)斉匡の二男

六代

徳川(一橋)慶昌(よしまさ)

従三位 左中将 刑部卿 
十二代将軍徳川家慶の五男

七代

徳川(一橋)慶寿(よしなが)

従三位 参議 民部卿
徳川(田安)斉匡の三男

八代

徳川(一橋)昌丸(しょうまる) 

 
尾張名古屋藩主徳川(尾張)斉荘の子

九代

徳川(一橋)慶喜(よしのぶ)

従三位 権中納言 刑部卿
常陸水戸藩主徳川(水戸)斉昭の七男 十五代将軍徳川慶喜となる

十代

徳川(一橋)茂栄(もちはる)

正二位 権大納言 弾正大弼
美濃高須藩主松平(尾張)義建の五男 初め美濃高須藩主松平義比となり、尾張家を継ぎ徳川(尾張)茂徳、隠居後さらに一橋家を継ぎ徳川茂栄となる

十一代

徳川(一橋)達道(さとみち)

従二位
徳川(一橋)茂栄の子

将軍家・御三卿へ

三百藩便覧TOPに戻る





























.