宇和島藩

伊達家

10万石→7万石→10万石
外様 大広間 国主格

関ヶ原では百万石のお墨付きを反故にされた伊達政宗であったが、大坂の陣でも苦戦の中、貢献する。
政宗の長男秀宗は、庶出であったため、嫡は二男忠宗となっていたが、この伊達秀宗に、大坂の陣ののち、伊予宇和島10万石が与えられる。

秀宗は隠居にあたって五男の伊達宗純に吉田3万石を分知した。実質7万石となるが、10万石格を認められる。

八代伊達宗城はいわゆる幕末の四賢侯として著名だが、逃亡中の高野長英を匿い、イネ・シーボルトを保護し、村田蔵六を世に出す契機を作るなど、時代の先を見る目があった。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

伊達秀宗(ひでむね)

従四位下 遠江守 侍従
伊達政宗の長男

二代

伊達宗利(むねとし)

従四位下 大膳大夫 侍従
伊達秀宗の三男

三代

伊達宗贇(むねよし)

従四位下 遠江守 侍従
陸奥仙台藩主伊達綱宗の三男

四代

伊達村年(むらとし)

従四位下 遠江守
伊達宗贇の三男

五代

伊達村候(むらとき)

従四位下 遠江守 左近衛権少将
伊達村年の長男

六代

伊達村寿(むらなが)

従四位下 遠江守 右近衛権少将
伊達村候の四男

七代

伊達宗紀(むねただ)

従四位下 遠江守 左近衛権少将
伊達村寿の長男

八代

伊達宗城(むねなり)

従四位下 遠江守 侍従
旗本3千石山口直勝の二男
旗本山口家は山口直承の養子として五代伊達村候の二男を山口直清として迎えておりこれが直勝の父

九代

伊達宗徳(むねえ)

従四位下 遠江守
伊達宗紀の三男

伊予の諸藩に戻る

四国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る