徳島藩

蜂須賀家

25万6千石
外様 大広間 国主

あまりに有名な秀吉第一の股肱の臣となった蜂須賀小六正勝は、一応、源経基の末裔ということになってますが・・・。

四国征伐で功があったので、秀吉は正勝に阿波一国を与えようとするが、もはや自分の時代ではないと、固辞し、嫡子蜂須賀家政に与えられる。

関ヶ原になって、蜂須賀家政は秀頼への忠誠という石田三成の掲げる大義名分と、現実の家康の力との板ばさみとなり、ついに阿波一国を豊臣家に返上し、高野山にのぼってしまう。
しかし、現実はしっかり見据え、息子の蜂須賀至鎮に家臣を預け、東軍に参加させている。この時点ではある意味では、蜂須賀至鎮は、所領失領の浪人状態で、家康東軍に参加していたことになる。

関ヶ原合戦後、至鎮にあらためて、再度阿波一国が与えられ、徳川幕藩としての徳島藩がスタートする。

大坂の陣で、蜂須賀至鎮の活躍めざましく、淡路一国を加増され、25万6千石となる。

蜂須賀光隆以降は、病弱の藩主や、藩主の夭折もあり、他家からの養子藩主も多くなり、藩政は家老たちの専断するところとなって藩主は飾り物になる。

藩主親政による藩政改革に挑戦したのは、出羽久保田新田藩佐竹家から養子に入った蜂須賀重喜だが、数々の施策は長期的視点では当を得たものが多かったが、藩内を混乱させたという理由で、隠居させられてしまう。
講談社文庫に童門冬二氏の「小説 蜂須賀重喜」がある。


歴代藩
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

 

蜂須賀家政(いえまさ)

従五位下 阿波守
蜂須賀小六正勝の長男

初代

蜂須賀至鎮(よししげ)

従四位下 阿波守
蜂須賀家政の長男

二代

蜂須賀忠英(ただてる)

従四位下 阿波守 侍従
蜂須賀至鎮の長男

三代

蜂須賀光隆(みつたか)

従四位下 阿波守 侍従
蜂須賀忠英の長男

四代

蜂須賀綱通(つなみち)

従四位下 阿波守 侍従
蜂須賀光隆の長男

五代

蜂須賀綱矩(つなのり)

従四位下 淡路守 侍従
一門蜂須賀隆矩の長男 忠英の孫

六代

蜂須賀宗員(むねかず)

従四位下 淡路守 侍従
蜂須賀綱矩の六男

七代

蜂須賀宗英(むねてる)

従四位下 阿波守 侍従
一門蜂須賀隆喜の三男

八代

蜂須賀宗鎮(むねしげ)

従四位下 阿波守 侍従
讃岐高松藩一門松平頼熙の二男で讃岐高松藩主松平(水戸)頼桓の弟

九代

蜂須賀至央(よしひろ)

不詳
蜂須賀宗鎮の弟

十代

蜂須賀重喜(しげよし)

従四位下 阿波守 侍従
出羽久保田新田藩主佐竹義道の四男

十一代

蜂須賀治昭(はるあき)

従四位下 阿波守 侍従
蜂須賀重喜の長男

十二代

蜂須賀斉昌(なりまさ)

従四位下 阿波守 侍従
蜂須賀治昭の二男

十三代

蜂須賀斉裕(なりひろ)

従四位上 阿波守 参議
十一代将軍徳川家斉の二十二男

十四代

蜂須賀茂韶(もちあき)

従四位上 阿波守 侍従
蜂須賀斉裕の長男

阿波の諸藩に戻る

四国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る