高松藩

松平(水戸)家

常陸下館より 12万石
親藩 溜間 城主

讃岐一国は生駒家の領するところだったが、藩内抗争し、いわゆる生駒騒動を起こし、出羽矢島へ減転封。
その後、讃岐一国は、伊予西条、伊予大洲、伊予松山の三藩の預領とされる。

やがて、東讃岐には高松を城地として水戸徳川頼房の長男、水戸光圀の兄、松平(水戸)頼重が常陸下館から12万石で入って水戸連枝親藩としての高松藩が成立する。

徳川頼房は長男頼重をもうけたが、兄の尾張義直、紀伊頼宣にまだ子がなかったことから、それをはばかり、頼重を公家に預ける。

やがて、二人の兄にも子が生まれた後、三男水戸光圀が生まれたため、これを嫡男としたのである。

本来長男でありながら、水戸藩主になれなかった松平頼重を家光は気にかけ、下館5万石から、生駒家のあとの東讃岐に12万石を与える。内高は16万石とも言われ、紀伊連枝、尾張連枝各藩が2〜3万石であるのに比べ破格といえる。

徳川光圀は兄を差し置いて藩主になったことを遺憾とし、兄頼重の子に水戸家を継がせ、自分の子は高松藩主松平頼常とする。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(水戸)頼重(よりしげ)

正三位 讃岐守 左近衛権少将
常陸水戸藩主徳川(水戸)頼房の長男

二代

松平(水戸)頼常(よりつね)

従四位下 讃岐守 左近衛権少将
常陸水戸藩主徳川(水戸)光圀の長男

三代

松平(水戸)頼豊(よりとよ)

従四位下 讃岐守 左近衛権中将
松平頼重の子松平頼侯(よりとし)の子

四代

松平(水戸)頼桓(よりたけ)

従四位下 讃岐守 侍従
一門松平(支摩)頼熙の長男

五代

松平(水戸)頼恭(よりたか)

正三位 讃岐守 左近衛権中将
陸奥守山藩主松平(水戸)頼貞の三男

六代

松平(水戸)頼真(よりざね)

従四位下 讃岐守 左近衛権中将
松平(水戸)頼恭の子

七代

松平(水戸)頼起(よりおき)

従四位下 讃岐守 左近衛権中将
松平(水戸)頼恭の四男

八代

松平(水戸)頼儀(よりのり)

従四位上 讃岐守 左近衛権中将
松平(水戸)頼真の子

九代

松平(水戸)頼恕(よりひろ)

従三位 讃岐守 左近衛権中将
常陸水戸藩主徳川治紀の二男

十代

松平(水戸)頼胤(よりたね)

正四位下 讃岐守 左近衛権中将
松平(水戸)頼儀の四男

十一代

松平(水戸)頼聡(よりとし)

従二位 讃岐守
松平(水戸)頼恕の子

讃岐の諸藩に戻る

四国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る