西条藩

一柳家→天領→松平(紀伊)家

一柳直盛は伊予の戦国武将河野家の流れを汲むため、伊予に封ぜられることを念願し、それがかなって、伊勢神戸から伊予西条6万8千石への転封が実現。しかし、入封の途路、大坂で無念にも病没してしまう。

直盛の遺領は長男の一柳直重に伊予西条3万石、二男直家が伊予のうち2万3千石と父の領地と別にすでにもっていた播磨加東郡の分領5千石、三男の一柳直頼が伊予小松1万石を得る。

その後伊予西条の一柳直興は不行跡、失政により咎めを受け、改易。本家が断絶するが、伊予河上にあった二男一柳直家が宗家を継ぐ形となるも、これも嗣子無くして末期養子を立てたため伊予の領地を没収され居所を分領の播磨小野に移して、播磨小野藩として一柳本家の名跡を継ぐ。
三男の一柳直頼の家、小松藩だけが、辛うじて父の念願であった伊予の地に1万石ながら領地を残し継続する。

改易となった伊予西条はしばらく天領となるが、紀伊徳川頼宣の二男松平(紀伊)頼純が連枝親藩として別家を立て、3万石で入って再度立藩。

以後、紀伊連枝松平家の支配で維新まで続く。

歴代の藩主のうちには、吉宗が将軍となったとき、その跡を継いで紀伊藩主となった松平頼致など、紀伊家と密接な関係を保った。


歴代藩主

一柳ひとつやなぎ

伊勢神戸より 3万石
外様 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

一柳直盛(なおもり)

従五位下 監物
一柳直高の二男

二代

一柳直重(なおしげ)

従五位下 丹後守
一柳直盛の長男

三代

一柳直興(なおおき)

従五位下 監物
一柳直重の長男

改易

<天領>

松平(紀伊)家

3万石
親藩 大広間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(紀伊)頼純(よりずみ)

従四位下 左京大夫 左近衛権少将
紀伊和歌山藩主徳川(紀伊)頼宣の二男

二代

松平(紀伊)頼致(よりよし)

右京大夫
松平(紀伊)頼純の四男 
紀伊藩主徳川宗直となる

三代

松平(紀伊)頼渡(よりただ)

従四位下 左京大夫 左近衛権少将
松平(紀伊)頼純の六男

四代

松平(紀伊)頼邑(よりさと)

従四位下 左京大夫 左近衛権少将
松平(紀伊)頼渡の長男

五代

松平(紀伊)頼淳(よりあつ)

右京大夫
徳川(紀伊)宗直(=二代松平頼致)の二男
紀伊藩主徳川治貞となる

六代

松平(紀伊)頼謙(よりかた)

従四位下 式部大輔 左近衛権少将
紀伊藩主徳川宗将の六男

七代

松平(紀伊)頼看(よりみ)

従四位下 左京大夫 左近衛権少将
松平(紀伊)頼謙の長男

八代

松平(紀伊)頼啓(よりゆき)

従四位下 式部大輔 左近衛権少将
松平(紀伊)頼謙の三男

九代

松平(紀伊)頼学(よりさと)

従四位上 弾正大弼
左近衛権少将
松平(紀伊)頼啓の長男

十代

松平(紀伊)頼英(よりひで)

従四位上 左京大夫 左近衛権少将
松平(紀伊)頼学の六男

伊予の諸藩に戻る

四国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る