今治藩

藤堂家→松平(久松)家

藤堂高虎は関ヶ原の功で、東伊予半国20万石を与えられ、今治に築城。その後高虎は伊賀・伊勢に伊予越智郡を併せて加増され、伊勢津へ移る。養子の高吉が今治に残り、越智郡の統治をしたが、伊賀名張へ所領を移される。

伊勢長島で7千石であった松平(久松)定房が、兄の松平(久松)定行が伊勢桑名から伊予松山に移るのに従う形で伊予今治4万石を得、大名となる。

以後、久松松平家の統治で維新に至る


歴代藩主

藤堂家

伊予板島より 20万石
外様 大広間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

藤堂高虎(たかとら)

従四位下 左近衛権少将 和泉守
藤堂虎高の二男

伊勢津へ

松平(久松)家

伊勢長島より 4万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)定房(さだふさ)

従四位上 美作守 侍従
松平(久松)定勝の五男

二代

松平(久松)定時(さだとき)

従五位下 美作守
松平(久松)定房の二男

三代

松平(久松)定陳(さだのぶ)

従五位下 駿河守
松平(久松)定房の五男

四代

松平(久松)定基(さだもと)

従五位下 采女正
松平(久松)定陳の子

五代

松平(久松)定郷(さださと)

従五位下 筑後守
松平(久松)定陳の弟松平(久松)定道の六男

六代

松平(久松)定休(さだやす)

従五位下 内膳正
松平(久松)定郷の長男定温の子

七代

松平(久松)定剛(さだよし)

従五位下 壱岐守
松平(久松)定休の子

八代

松平(久松)定芝(さだしげ)

従五位下 采女正
松平(久松)定剛の長男

九代

松平(久松)勝道(かつみち)

従五位下 駿河守
松平(久松)定休の子の池田政行の二男

十代

松平(久松)定法(さだのり)

従五位下 壱岐守
松平(久松)定芝の三男

伊予の諸藩に戻る

四国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る