湯長谷藩

内藤(遠山)家

新田分知 1万石
譜代 帝鑑間 陣屋

磐城平藩の内藤政長が嫡男忠興に相続の際、新田1万石を二男内藤政亮に分知することを幕府に願い出て許され、湯長谷藩が成立した。

内藤政亮は浅草寺別当の知楽院から、丑年の生まれは兄(磐城平宗藩、内藤忠興)に対してよろしくない、と進言され、内藤姓を遠山姓と変えた。

六代遠山貞幹の代に宗藩である磐城平内藤家は日向延岡へ移るが、湯長谷藩はそのまま、とどまり、幕末を迎える。

地図はこちら


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

内藤(遠山)政亮(まさすけ)
初め頼直(よりなお)

従五位下 主殿頭
磐城平藩主内藤忠興の三男

二代

内藤(遠山)政徳(まさのり)

従五位下 内膳正
堀主計頭直行の二男

三代

内藤(遠山)政貞(まささだ)

従五位下 主殿頭
陸奥窪田藩主土方雄隆の弟土方雄賀の二男

四代

内藤(遠山)政醇(まさあつ)

従五位下 播磨守
内藤政貞の嫡男

五代

内藤(遠山)政業(まさのぶ)

従五位下 播磨守
内藤政醇の嫡男

六代

内藤(遠山)貞幹(さだよし)

従五位下 因幡守
紀伊和歌山藩主徳川宗直の六男

七代

内藤(遠山)政広(まさひろ)

なし
内藤貞幹の二男

八代

内藤(遠山)政偏(まさゆき)

従五位下 主殿頭
内藤貞幹の四男

九代

内藤(遠山)政環(まさあきら)

従五位下 播磨守
肥前唐津藩主水野忠鼎の五男

十代

内藤(遠山)政民(まさたみ)

従五位下 因幡守
出羽庄内藩主酒井忠徳の五男

十一代

内藤(遠山)政恒(まさつね)

従五位下 播磨守
信濃松本藩主松平(戸田)光庸の四男

十二代

内藤(遠山)政敏(まさとし)

従五位下 因幡守
三河挙母藩主内藤政優の弟内藤政叉の長男

十三代

内藤(遠山)政養(まさやす)

従五位下 因幡守
十一代内藤政恒の長男

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る

.