米沢藩米沢城址の写真 All Photo By Ken究所長


上杉家

30万石→15万石
外様 大広間 国主

上杉謙信の継嗣となった上杉景勝は豊臣秀吉の没後、反徳川の旗幟を鮮明にし、関ヶ原開戦の端緒となる上杉北伐を招く。

謙信時代末期には、越後、越中、加賀、能登、佐渡、出羽庄内に及んだ所領は、豊臣政権下においても越後・佐渡だけで240万石を越えたという説もあるが、景勝は秀吉に対して、過剰な軍役を課せられることをおそれてか、所領120万石と申告する。
その結果、上杉家は会津に転封を命ぜられ、出羽庄内、陸奥信夫伊達郡などの仙道地方に、さらに佐渡一国をそのまま安堵し、120万石の封地とされた。

関ヶ原の処分により、米沢30万石に削減され、さらに三代綱勝は実子のなく世嗣を定めぬままに急死する。
本来なら無嗣除封となるところ、綱勝の岳父・保科正之の奔走によって、綱勝の妹婿であった高家の吉良義央の長男を末期養子とし(綱憲)、半知の15万石ながら、家名存続が認められる。
綱憲はわずか三歳で藩主となり、実父の吉良義央が上杉藩政に容喙するようになる。

15万石となっても200万石を越えるという越後時代からの家臣団の召放ちを一度も行わず、藩政は慢性的に極度の窮乏状態であり、それに加え吉良の驕奢に対する支出は藩財政をさらに圧迫し、八代重定の代には極限に達する。
ここで登場するのが九代上杉治憲(鷹山)である。詳しくは上杉鷹山に関する各種著作をご参照下さい。

地図はこちら 拡大図


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

上杉景勝(かげかつ)

従三位 中納言 越後守
上杉輝虎(謙信)の姉の夫長尾政景の二男、謙信の後嗣となる

二代

上杉定勝(さだかつ)

従四位下 左近衛少将
上杉景勝の長男

三代

上杉綱勝(つなかつ)

従四位下 播磨守 侍従
上杉定勝の二男

四代

上杉綱憲(つなのり)

従四位下 弾正大弼 侍従
高家吉良義央の長男。母は上杉定勝の娘

五代

上杉吉憲(よしのり)

従四位下 民部大輔 侍従
上杉綱憲の長男

六代

上杉宗憲(むねのり)

従四位下 弾正大弼 侍従
上杉吉憲の長男

七代

上杉宗房(むねふさ)

従四位下 民部大輔 侍従
上杉吉憲の二男

八代

上杉重定(しげさだ)

従四位下 大炊頭 侍従
上杉吉憲の四男

九代

上杉治憲(はるのり)

従四位下 弾正大弼 侍従
日向高鍋藩主秋月種美の二男

十代

上杉治広(はるひろ)

従四位下 弾正大弼 侍従
上杉重定の四男

十一代

上杉斉定(なりさだ)

従四位下 弾正大弼 侍従
上杉重定の二男勝煕の長男

十二代

上杉斉憲(なりのり)

従四位上 弾正大弼 権中将
上杉斉定の子

十三代

上杉茂憲(もちのり)

正二位 式部大輔 侍従
上杉斉憲の子

出羽の諸藩に戻る

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る