山形藩 山形城址の写真 All Photo By Ken究所長

最上家→鳥居家→保科家→松平(越前)家→松平(奥平)家→奥平家→堀田家→松平(越前)家→松平(奥平)家→堀田家→松平(大給)家→天領→秋元家→水野家

領主の転封が異常に激しかった山形藩である。

戦国の梟雄、最上義光(よしあき)は、関ヶ原時に東軍側に立つが、周囲を囲む形で所領を持つ上杉家から激しく攻め入られ大苦戦する。
その功もあってか、戦後の論功行賞では関ヶ原論功行賞中で、最大の加封を受け、山形を城地として57万石の大封を得、山形藩が立藩する。
しかしこの鎌倉以来の名家の最上氏も義光から三代の義俊の代に家督を巡って家中騒動し、実質改易の減転封となる。

鳥居家が22万石で入部した時には、譜代の名門を、奥羽の抑えとして置く配慮だったのだが、鳥居家は信濃高遠に転封となる。将軍秀忠の二男である保科正之が信濃高遠3万石から20万石に大抜擢されて入るが、すぐに会津に移り、その後は藩主の交代がめまぐるしい。

奥平昌能の宇都宮からの減転封は、父忠昌の死にあたって禁じられていた殉死者を出した処分であり、堀田正仲の山形転封は、父堀田正俊が江戸城中で刺殺される事件を受けての処分、など、山形は幕閣にあった譜代大名が失政・失脚し、左遷される地となることが多くなる。最後の水野家も天保の改革を実施した水野忠邦が失脚し、その子の忠精が左遷されたものである。

藩主家の頻繁な交代に伴い、山形藩領の領地も入り組み、分散し、一定しなかった。

最も長かった秋元氏の領地も城付き2万石、周辺に1万5千石余、河内国に2万石、武蔵川越に5千石であった。堀田氏も佐倉への移封後も下総佐倉に6万石、山形領4万石、その他1万石という所領で、山形に多くの領地を残していた。

頻繁な国替えと散在する所領によって、山形を中心とするまとまった治世政策を行うことがむずかしかった。

奥平家と松平(奥平)家が交代していてややこしいが、奥平信昌の四男、忠明は信昌と家康の娘の間の子で徳川家康の外孫にあたり、忠明は特に家康の可愛がられ、家康の養子となり、秀忠の偏諱をもらい松平忠明を名乗った(本姓奥平)。この松平忠明の子が松平忠弘である。奥平信昌の嫡子家昌は宇都宮に封ぜられていて、奥平家としての宗家は家昌の奥平家であろうが、こちらは譜代大名であり、松平(奥平)忠明家は本来なら庶流だが、親藩となっている。


歴代藩主

最上家

57万石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

最上義光(よしあき)

従四位上 出羽守 左近衛権少将
最上義守の子

二代

最上家親(いえちか)

従四位 駿河守 侍従
最上義光の二男

三代

最上義俊(よしとし)

なし
最上家親の長男

家中騒動し改易、のち近江に1万石

鳥居家

磐城平より 22万石 
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

鳥居忠政(ただまさ)

従四位下 左京亮
鳥居元忠の子

二代

鳥居忠恒(ただつね)

従四位下 左京亮
鳥居忠政の長男

信濃高遠へ

保科家

信濃高遠より 20万石
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

保科正之(まさゆき)

正四位下 肥後守 左近衛中将
徳川秀忠の四男

陸奥会津へ

松平(越前)家

越前大野より 15万石
親藩 大広間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)直基(なおもと)

従四位下 大和守 侍従
越前中納言結城秀康の五男

播磨姫路へ

松平(奥平)家

播磨姫路より 15万石
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(奥平)忠弘(ただひろ)

従四位下 下総守 侍従
松平(奥平)忠明の子

下野宇都宮へ

奥平家

下野宇都宮より 9万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

奥平昌能(まさよし)

従五位下 大膳亮
奥平忠昌の長男

二代

奥平昌章(まさあきら)

従五位下 美作守
肥前五島福江藩主五島盛勝の二男、母は奥平昌能の娘

下野宇都宮へ

堀田家

下総古河より 10万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀田正仲(まさなか)

従四位下 下総守
堀田正俊の長男

陸奥福島へ

松平(越前)家

播磨姫路〜豊後日田より 9万石
親藩 大広間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)直矩(なおのり)

従四位下 大和守 侍従
松平(越前)直基の三男

陸奥白河へ

松平(奥平)家

陸奥白河より 10万石
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(奥平)忠弘(ただひろ)

従四位下 下総守 侍従
松平(奥平)忠明の子

二代

松平(奥平)忠雅(ただまさ)

従五位下 下総守
松平(奥平)忠弘の子清照の子。清照が病弱のため、嫡孫を嗣子とした。

備後福山へ

堀田家 

陸奥福島より 10万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀田正虎(まさとら)

従四位下 伊豆守
堀田正俊の二男、堀田正仲の双子の弟

二代

堀田正春(まさはる)

堀田豊前守正休の五男堀田正直が正虎の養子となっていたが、正虎に先立ち、その正直の子正春が継ぐ

三代

堀田正亮(まさすけ)

従四位下 相模守 侍従
堀田正俊の五男堀田正武の二男

下総佐倉へ

松平(大給)家 

下総佐倉より 6万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(大給)乗佑(のりすけ)

従五位下 和泉守
松平(大給)乗邑の二男

三河西尾へ

<収公天領>

秋元家

武蔵川越より 6万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

秋元涼朝(すけとも)

従四位下 但馬守
秋元隼人正貞朝の三男

二代

秋元永朝(つねとも)

従四位下 但馬守
安芸広島藩家臣、上田能登守義当の四男

三代

秋元久朝(ひさとも)

従五位下 但馬守
秋元永朝の長男

四代

秋元志朝(ゆきとも)

従五位下 但馬守
周防徳山藩主 毛利日向守広鎮の八男

上野館林へ

水野家

遠江浜松より 5万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

水野忠精(ただきよ)

従四位下 和泉守 侍従
水野忠邦の長男

二代

水野忠弘(ただひろ)

従四位 和泉守
水野忠精の長男

出羽の諸藩に戻る
蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る