弘前藩(津軽藩) 弘前城の写真へ All Photo by Ken究所長


津軽家

4万5千石→10万石
外様 柳間のち大広間 城主



 弘前藩の成立の経緯は、南部家の家臣であった大浦為信が主家に先んじて、秀吉の小田原攻めに参陣し、秀吉から直接津軽地方の所領安堵を得たことから、南部家とは独立の大名としての位置を得る。津軽為信と名乗って弘前藩・津軽藩の祖となる。
この立藩の経緯から、隣藩の南部藩とは係争が絶えなかった。

 当初4万5千石であったが、上野国勢多郡に2千石を与えられ4万7千石。江戸中期を過ぎると、蝦夷地警備等の名目で表高を7万石、ついで10万石に高直しされる。

 津軽藩は、実際には未開であった津軽平野の新田打ち出しによって、元禄期に既に内高は26万石とも30万石を越えていたともされる。

地図はこちら 拡大図


歴代藩主

 

藩主
官位・通称 出自(実父・嫡出関係)

初代

津軽為信(ためのぶ)
従五位下 大浦守信の子で、叔父の大浦為則の女婿となり大浦城主を嗣ぐ。

二代

津軽信枚(のぶひら)
従五位下 越中守 津軽為信三男(長男信建は関ヶ原で西軍に付かせた)

三代

津軽信義(のぶよし)
従五位下 土佐守 二代信枚の長男

四代

津軽信政(のぶまさ)
従五位下 越中守 三代信義の長男

五代

津軽信寿(のぶひさ)
従五位下 土佐守 四代信政の二男

六代

津軽信著(のぶあき)
従五位下 出羽守 五代信寿の子の信興の子(信寿の嫡孫)

七代

津軽信寧(のぶやす)
従五位下 越中守 六代信著の長男

八代

津軽信明(のぶあきら)
従五位下 土佐守 七代信寧の長男

九代

津軽寧親(やすちか)
従五位下 土佐守 支領黒石6千石五代領主、津軽著高の長男で、黒石領六代領主となるが、宗家に嗣子なく、宗藩藩主となる。

十代

津軽信順(のぶゆき)
従四位下 出羽守 侍従 九代寧親の嫡男

十一代

津軽順承(ゆきつぐ)
従四位下 左近将監 三河吉田藩主松平信明の三男で、支藩黒石藩8代当主親足の養子となり黒石藩2代藩主津軽順徳となる、宗家に嗣子なく宗家の藩主となる。

十二代

津軽承昭(つぐあきら)

従四位下 土佐守
肥後熊本藩主細川斉護の四男

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る












































.