天童藩(高畠藩)

織田家

上野小幡より 2万石
外様 柳間 城主格

織田家の流れを汲む大名家は、何家かあるが、天童藩の織田家は信長の二男信雄を祖とする家である。
当初上野小幡に2万石、その後罪を得て、陸奥信夫郡、出羽置賜郡、出羽村山郡に2万石に移され、当初、陣屋は置賜郡の高畠に構えたが、所領の大半は村山郡にあった。
 その後、陸奥の信夫郡の領地を収公され、村山郡の幕領と交換された。
これに伴い封地は1万5千石以上が村山郡に所在することとなったため、高畠から天童に陣屋を移動した。これは信美の代のことである。
本来高畠藩として別項を設けるべきとは思うが、高畠から天童への移動は基本的にはほとんど同じ封地で、煩雑になるので、天童藩として、一括して掲載する。

地図はこちら 拡大図


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

織田信邦(のぶくに)

従五位下 美濃守
織田信栄四男

二代

織田信浮(のぶちか)

従五位下 左近将監
織田信栄五男

三代

織田信美(のぶかず)

従五位下 越前守
織田信浮の子

四代

織田信学(のぶみち)

従五位下 左近将監
織田信美の子

五代

織田信敏(のぶとし)

従五位下 兵部大輔
従三位
織田信学の長男

六代

織田寿恵丸(すえまる)

なし
織田信学の二男

出羽の諸藩に戻る
蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る