棚倉藩 棚倉城址の写真 All Photo By Ken 究所長


立花家→丹羽家→内藤家→太田家→松平(越智)→小笠原家→井上家→松平(松井)家→阿部家

さて、面倒な棚倉藩です。

陸奥棚倉は当初は関ヶ原西軍赦免大名の、後には失脚失政した譜代大名の左遷地の趣が強く、内高の苦しい悪地という印象がある。

立花宗茂については説明不要と思うが、九州の戦国の雄、高橋紹運の子で、立花道雪の女婿となる。豊臣体制では筑後柳河13万石を領したが、関ヶ原時に西軍につき、領地没収となるが、後許されて、陸奥棚倉の地に5千石を賜る。大坂の陣、島原の乱などでの戦功により、3万5千石、さらには旧領柳河10万9千石に復する。

丹羽長重は織田信長の重臣丹羽長秀の嫡子だが、父の柔軟な政治性に反して、佐々成政に与して秀吉に反し、父長秀の遺領123万石を失い、加賀松任4万石に。家康の取りなしで加賀小松12万石までに復するが、関ヶ原では、隣領の前田利長と争って形の上では西軍となる。領地没収されるが、後、許されて、立花氏の柳河への転出に伴い、常陸古渡から棚倉で5万石を賜り、棚倉城を築城。
父長秀が安土城の普請を行ったことから、築城に長けた丹羽家は、陸奥白河に移され、その地で白河小峰城を築くと、さらに子の光重の代には二本松に移され、またもや築城を行うことになる。

磐城平藩内藤家の分家筋である内藤信照が摂津高槻から入り、駿河田中に転封。この時期、磐城平内藤家の分家大名が磐城地方にいくつかできるが、宗家磐城平の内藤家は日向延岡に移封するが、分家内藤各家は独自の歴史をたどる。

入れ替わりに駿河田中から太田資晴が入り、上野館林へ転封、上野館林から6代将軍家宣の実弟松平清武の家である松平(越智)武元が入る。松平武元は老中となり、上野館林に復する。

遠江掛川より小笠原氏が入り、肥前唐津へ。

遠江浜松より井上氏が入り、上野館林へ。

石見浜田より松平(松井)氏が入り、武蔵川越へ。

陸奥白河より阿部氏が入り、幕末を迎える。

全般に老中をつとめる譜代中堅各家の封地は遠江浜松、遠江掛川、武蔵川越、上野館林、陸奥白河などが、「イケテル」ときの封地で、陸奥棚倉、出羽山形、越後村上などが左遷地というイメージと言ってしまったら少し乱暴だろうか。

地図はこちら 拡大図


歴代藩主

立花家

再封 3万5千石
外様 柳間


 

藩主

官位・通称
出自(実父・嫡出関係)

初代

立花宗茂(むねしげ)

従四位下 左近将監 侍従
高橋紹運の子、立花鑑連(道雪)の嗣子となる

   筑後柳河へ

丹羽家

常陸古渡より 5万石
外様 大広間
 城主


 

藩主
官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

丹羽長重(ながしげ)

従三位 加賀守 侍従
丹羽長秀の長男

     陸奥白河へ

内藤家

摂津高槻より 7万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

内藤信照(のぶてる)

従五位下 豊前守
内藤信正の長男

二代

内藤信良(のぶよし)

従五位下 豊前守
内藤信照の長男

三代

内藤弌信(かずのぶ)

従四位下 豊前守
内藤信正の弟信広の長男信光の二男

駿河田中へ

太田家

駿河田中より 5万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

太田資晴(すけはる)

従四位下 備中守
太田資直長男

上野館林へ

松平(越智)家 

上野館林より 6万5千石
親藩 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越智)武元(たけちか)

従四位下 侍従 右近将監
常陸府中藩主松平(水戸)頼明三男、松平(越智)武雅の養嗣子となる。

上野館林へ

小笠原家

遠江掛川より 6万5千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

小笠原長恭(ながゆき)

従五位下 佐渡守
小笠原長庸の長男

二代

小笠原長堯(ながたか)

従五位下 佐渡守
小笠原長恭の長男

三代

小笠原長昌(ながまさ)

従五位下 佐渡守
小笠原長堯の二男

肥前唐津へ

井上家

遠江浜松より 6万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

井上正甫(まさもと)

従五位下 河内守
井上正定の長男

二代

井上正春(まさはる)

従四位下 河内守 侍従
井上正甫の長男

上野館林へ

松平(松井)家

石見浜田より 6万400石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(松井)康爵(やすたか)

従五位下 右近将監
松平(松井)康任の二男

二代

松平(松井)康圭(やすかど)

従五位下 周防守
松平(松井)康任の三男

三代

松平(松井)康泰(やすひろ)

従五位下 周防守
松平(松井)康圭の長男

四代

松平(松井)康英(やすてる)

従五位下 周防守
松平(松井)家の分家の松井信濃守康功の子

武蔵川越へ

阿部家

陸奥白河より 10万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

阿部正静(まさきよ)

従五位下美作守
阿部正外の長男

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る





























.