相馬(中村)藩

相馬家

6万石
外様 帝観間 城主

平将門に連なる名門の相馬家。
戦国期には芦名・佐竹・伊達の勢力争いの中で佐竹芦名に近い立場を維持。相馬義胤は秀吉から領地を安堵されるが、関ヶ原で佐竹家と同一行動をとり、旗幟不鮮明ながらも、上杉攻めに積極的な態度を取らなかったため、西軍方と見なされ、いったん領地を没収される。子の利胤が家康から旧領復領を許され、城地を小高から中村に移し、近世大名としての相馬中村藩として幕末に至る。

中世からの所領を近世大名としての藩として、存続して、明治に至った家は数少ないが、相馬家はその一つである。

地図はこちら


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)
 

相馬義胤(よしたね)
   

初代

相馬利胤(としたね)

従五位下 大膳亮
相馬義胤の長男

二代

相馬義胤(よしたね)

従五位下 大膳亮
相馬利胤の長男

三代

相馬忠胤(ただたね)

従五位下 長門守
上総久留里藩主土屋忠直の二男。利胤の後室が土屋忠直の妹であった。義胤の女婿となる。

四代

相馬貞胤(さだたね)

従五位下 出羽守
相馬忠胤の長男

五代

相馬昌胤(まさたね)

従五位下 弾正少弼
相馬忠胤の二男

六代

相馬叙胤(のぶたね)

従五位下 長門守
出羽久保田藩主佐竹義処の二男、昌胤女婿となる。

七代

相馬尊胤(たかたね)

従五位下 弾正少弼
先々代相馬昌胤の長男

八代

相馬恕胤(もろたね)

従五位下 長門守
相馬叙胤の子相馬徳胤の長男

九代

相馬祥胤(よしたね)

従五位下 弾正少弼
相馬恕胤の長男

十代

相馬樹胤(むらたね)

従五位下 豊前守
相馬祥胤の長男

十一代

相馬益胤(ますたね)

従五位下 長門守
相馬祥胤の二男

十二代

相馬充胤(みつたね)

従四位下 大膳大夫
相馬益胤の長男

十三代

相馬誠胤(ともたね)

従五位下 因幡守
正四位
相馬充胤の長男

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る

































.