白河藩(白川藩)

丹羽家→榊原家→本多家→松平(奥平)家→松平(越前)家→松平(久松)家→阿部家→天領

上杉、蒲生家時代、白河は会津領のうちであった。関ヶ原時の上杉攻めでも仮想戦場と目された通り、外様大名の多い奥羽の地の抑えとして、白河は重要な拠点であった。関ヶ原で西軍身方と見なされた丹羽長重はその後許されて、陸奥棚倉にあったが、築城に長けた丹羽家を白河に移し、築城を命じる。
しかし白河を奥羽の要衝の地と考える幕府は外様である丹羽家を二本松に移し、譜代の中でも重鎮たる榊原家を14万石で入れる。
徳川四天王の一人榊原康政の孫の榊原忠次である。間もなくして榊原家は播磨姫路に移り、かわって越後村上より本多氏が入り12万石。

松平(奥平)氏が宇都宮から本多氏と入れ替わって15万石で入る。家督をめぐって騒動し、出羽山形へ減転封。

引っ越し大名として有名な松平(越前)直矩が生涯5度目の転封の地として白河に入り15万石。播磨姫路へ転封のあと、越後高田から松平(久松)氏が11万石で入る。3代目の定信は御三卿田安宗武の七男から松平(久松)家に入り、老中首座となって寛政の改革を行う。

三方所替で藩祖の地、伊勢桑名に転封、武蔵忍から阿部氏が入り、幕末に至るが兵庫の開港問題をめぐって老中であった阿部正外が責任をとらされた形となり隠居、阿部正静は陸奥棚倉に左遷され、白河は天領となって幕末動乱を迎える。

地図はこちら 拡大図


歴代藩主

丹羽家

陸奥棚倉より 10万石
外様 大広間 国主格


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

丹羽長重(ながしげ)

従三位 加賀守 参議
丹羽長秀の長男

二代

丹羽光重(みつしげ)

従四位下 左京大夫 侍従
丹羽長重の長男

陸奥二本松へ

榊原(松平)

上野館林より 14万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

榊原忠次(ただつぐ)

従四位下 式部大輔 侍従
「徳川四天王」榊原康政の長男遠江横須賀藩主大須賀忠政の長男

播磨姫路へ

本多家

越後村上より 12万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠義(ただよし)

従五位下 能登守
徳川四天王の一人本多忠勝の長男忠政の三男

二代

本多忠平(ただひら)

従四位下 能登守
本多忠義の長男

下野宇都宮へ

松平(奥平)家

下野宇都宮より 15万石
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(奥平)忠弘(ただひろ)

従四位下 下総守 侍従
松平(奥平)忠明の長男

家中騒動所領没収、後、出羽山形へ

松平(越前)家

出羽山形より 15万石
親藩 大広間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)直矩(なおのり)

従四位下 大和守 侍従
結城秀康の五男松平(越前)直基の三男

二代

松平(越前)基知(もとちか)

従四位下 大和守 侍従
松平直矩の二男

三代

松平(越前)義知(よしちか)
のち明矩(あきのり)

従四位下 大和守 侍従
松平直矩の三男白河新田藩主松平知清の長男

播磨姫路へ

松平(久松)家

越後高田より 11万石
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)定賢(さだよし)

従四位下 越中守
陸奥守山藩主松平(水戸)頼貞の三男

二代

松平(久松)定邦(さだくに)

従四位下 越中守
松平定賢の長男

三代

松平(久松)定信(さだのぶ)

従四位下 越中守 左少将
徳川吉宗の子徳川(田安)宗武の八男

四代

松平(久松)定永(さだなが)

従四位下 越中守
松平定信の長男

伊勢桑名へ

阿部家

武蔵忍より 10万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

阿部正権(まさのり)

不祥(なしかも?)
先代武蔵忍藩主阿部正由の二男

二代

阿部正篤(まさあつ)

従五位下 飛騨守
紀伊藩主徳川(紀伊)宗将の五男松平頼興の子

三代

阿部正瞭(まさあきら)

従五位下 能登守
三河吉田藩主松平(長沢・大河内)信明の七男

四代

阿部正備(まさかた)

従五位下 能登守
肥前大村藩主大村純昌の五男

五代

阿部正定(まささだ)

なし
白河藩分知阿部正蔵の長男

六代

阿部正耆(まさひさ)

従四位下 播磨守 侍従
阿部宗藩、備後福山藩主阿部正寧の弟正粋の長男

七代

阿部正外(まさと)

従四位下 豊前守 侍従
白河藩分知阿部正蔵の二男。五代正定の弟

(八代)

阿部正静(まさきよ)

従五位下 美作守
阿部正外の長男

陸奥棚倉へ

収公天領

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る








































.