新庄藩 

戸沢家

常陸松岡より 6万8千石
外様のち譜代格 帝鑑間 城主


戦国時代の戸沢氏は政盛の父の盛安が出羽仙北の小領主だったが、秀吉の小田原攻めにわずか6騎で駆けつけ、出羽北浦の所領安堵される。
戸沢政盛は関ヶ原時には、隣藩の上杉家の軍備増強を家康に最初に密報し、上杉北伐のきっかけをつくる役割を果たしている。
関ヶ原時は最上軍の与力として、上杉と激しく抗戦し、左遷される佐竹家と入れ替わる形で他の出羽の大名と同様、常陸に移される。

最上家が家中騒動して改易されると、鳥居忠政が山形に入部したが、その際に、鳥居忠政の妹婿だった戸沢政盛が鳥居家の与力大名格としての役割を期待されて新庄に入り立藩。

同時に庄内鶴岡には鳥居忠政の娘婿であった酒井忠勝を入れ、上山には従兄弟の松平忠解を、と、最上旧領は鳥居ファミリーを配置し、奥羽の押さえを期待される。このような経緯からか、戸沢家は外様ながら譜代格を得、帝鑑間詰めとなる。

地図はこちら 拡大図


歴代藩主 

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

戸沢政盛(まさもり)

従五位下 右京亮
戸沢盛安の子

二代

戸沢正誠(まさのぶ)

従五位下 上総介
戸沢政盛の子

三代

戸沢正庸(まさつね)

従五位下 上総介
家臣楢岡兵右衛門友清の四男

四代

戸沢正勝(まさかつ)

従五位下 上総介
戸沢正庸の子

五代

戸沢正ェ(まさのぶ)

従五位下 上総介
戸沢正庸の子、正勝の弟

六代

戸沢正産(まさただ)

従五位下 上総介
戸沢正ェの長男

七代

戸沢正良(まさすけ)

従五位下 主計頭
戸沢正ェの二男

八代

戸沢正親(まさちか)

従五位下 上総介
一門戸沢正備の長男

九代

戸沢正胤(まさたね)

従五位下 右京亮
戸沢正親の長男

十代

戸沢正令(まさよし)

従五位下 能登守
戸沢正胤の子

十一代

戸沢正実(まさざね)

従四位下 上総介
戸沢正令の子

出羽の諸藩に戻る
蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る