二本松藩 二本松城址の写真 All Photos by ken究所長


松下家→加藤家→丹羽家

会津の蒲生氏が宇都宮へ移され、伊予松山から加藤嘉明が会津に40万石で入るにあたって、加藤嘉明の女婿で与力大名格であった松下重綱が二本松3万石を与えられ立藩。

その後、長綱幼令のため加藤嘉明二男の明利と入れ替わるが嗣子認められず除封。
宗藩の会津藩、加藤明成が会津40万石を幕府に返上するという事件が起き、お家再興どころではなくなるが、のちに明利嗣子の加藤明勝は旗本として復活している。

本格的な二本松藩の治世は丹羽氏が入部してからのこととなる。織田信長の家老格であった丹羽長秀は安土城の普請を担当したことでも知られるように築城術に長け、その流れで丹羽家には家臣にも技術を持ったものが多かったとされる。そのため、白河、二本松と新城普請を命じられ、完成すると転封という処遇を受けている。

織田信長の家老としての家柄から、10万石ながら国主待遇、大広間詰めを許されている。

地図はこちら


歴代藩主

松下家

下野烏山より 
3万石 外様


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松下重綱(しげつな)

従五位下 石見守
駿河今川家家臣松下之綱の長男

二代

松下長綱(ながつな)

従五位下 石見守
松下重綱の長男

陸奥三春へ

加藤家

陸奥三春より 
3万石 外様


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

加藤明利(あきとし)

従五位下 民部大輔
加藤嘉明の二男

嗣子認められず除封

丹羽家

陸奥白河より 10万石
外様 大広間 国主格


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

丹羽光重(みつしげ)

従四位下 左京大夫 侍従
丹羽長重の長男

二代

丹羽長次(ながつぐ)

従四位下 左京大夫
初代丹羽光重の長男

三代

丹羽長之(ながゆき)

従五位下 越前守
初代丹羽光重の二男

四代

丹羽秀延(ひでのぶ)

従四位下 左京大夫
三代長之の二男

五代

丹羽高寛(たかひろ)

従四位下 左京大夫
藩祖丹羽長秀の三男長紹の家系が長一−長守−長道と続いていたが、その丹羽長道の子

六代

丹羽高庸(たかつね)

従四位下 若狭守
五代高寛の嫡男

七代

丹羽長貴(ながたか)

従四位下 左京大夫 侍従
六代高庸の嫡男

八代

丹羽長祥(ながあき)

従四位下 左京大夫
七代長貴の長男

九代

丹羽長富(ながとみ)

従四位下 左京大夫 侍従
八代長祥の長男

十代

丹羽長国(ながくに)

従四位下 左京大夫 侍従
(明治後正三位)
九代長富の長男

十一代

丹羽長裕(ながひろ)

従五位
出羽米沢藩主上杉斉憲の九男

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る