守山藩


松平(水戸)家

常陸額田より 2万石
親藩(家門連枝) 大広間


水戸光圀の弟、徳川頼房の四男松平頼元は宗家水戸徳川家から常陸額田に二万石を分知されていた。次の頼貞の時、新たに幕府より陸奥・常陸に二万石を与えられ、常陸額田を水戸宗家に返上し、陸奥守山(現郡山市)に陣屋を構えて、水戸連枝藩としての陸奥守山藩が成立する。

宗家同様、定府で、藩主以下ほとんどの家臣は江戸にあった。

地図はこちら



歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(水戸)頼貞(よりさだ)

従四位下大学頭
松平(水戸)頼元の子

二代

松平(水戸)頼寛(よりひろ)

従四位下若狭守
松平(水戸)頼貞の子

三代

松平(水戸)頼亮(よりあきら)

従四位下大学頭
松平(水戸)頼寛の子

四代

松平(水戸)頼慎(よりよし)

従四位下大学頭
松平(水戸)頼亮嫡男

五代

松平(水戸)頼誠(よりのぶ)

従四位下大学頭
松平(水戸)頼慎嫡男

六代

松平(水戸)頼升(よりのり)

従四位下大学頭
松平(水戸)頼誠嫡男

七代

松平(水戸)頼之(よりゆき)

従五位
水戸藩主徳川斉昭二十二男

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る























.