三春藩 三春城址の写真 All Photo By Ken究所長

加藤家→松下家→秋田家

会津蒲生家が宇都宮へ転封し、会津に加藤嘉明が入ったのに伴い、嘉明の二男明利に三春3万石が与えられ、成立。同じく加藤嘉明の与力大名である松下長綱と入れ替わり、二本松に転ずる。

常陸宍戸にあった秋田氏が5万石で入り、以後秋田氏の一氏支配で幕末に至る。

地図はこちら


歴代藩主

加藤家

新封 3万石 (宗家加藤嘉明は伊予松山より会津へ)
外様


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

加藤明利(あきとし)

従五位下 民部大輔
加藤嘉明の二男

陸奥二本松へ

松下家

陸奥二本松より 3万石
外様
 


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松下長綱(ながつな)

従五位下 石見守
松下重綱の長男

乱心改易

秋田家

常陸宍戸より 5万石
本来外様だが、譜代格 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

秋田俊季(としすえ)

従五位下 河内守
秋田実季の長男

二代

秋田盛季(もりすえ)

従五位下 安房守
秋田俊季の長男

三代

秋田輝季(てるすえ)

従五位下 信濃守
秋田盛季の長男

四代

秋田頼季(よりすえ)

従五位下 信濃守
秋田氏一族家臣の荒木高村の長男、母が若狭小浜藩主酒井氏の家臣安倍季通の娘で季通の父安倍英季は秋田実季の弟。一族の秋田季豊の養子となっていたが、三代輝季嫡男広季が死亡したため、宗家に入った。 (→享保事件)

五代

秋田治季(はるすえ)
改め延季(のぶすえ)

従五位下 河内守
秋田頼季の庶長子

六代

秋田定季(さだすえ)

従五位下 主水正
秋田頼季の二男

七代

秋田千季(ゆきすえ)
改め倩季(よしすえ)

従五位下 信濃守
秋田延季の二男

八代

秋田謐季(やすすえ)
改め長季(ながすえ)

従五位下 河内守
秋田倩季の庶子

九代

秋田孝季(のりすえ)

従五位下 山城守
秋田倩季の三男

十代

秋田肥季(ともすえ)

従五位下 安房守
秋田孝季の長男

十一代

秋田映季(あきすえ)

従五位下 信濃守
秋田肥季の二男

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.